アーリーリリース(右手のコックが早くほどける)を直す簡単な方法とは? HARADADAGOLF動画レッスンチャンネル

  • 2017年06月16日

おはようございます!

HARADAGOLF
ハラダシュウヘイです



今日は、質問いただいております!

この頃左に引っかけるミスが直りません!

しかもインパクトまでタメができずに、すぐ手首の角度がほどけているスイングになっているのも気になります!
でも直そうとして手首に角度をつけて打とうとするとシャンクなどのミスが発生します!
どうしたら手首の角度をほどかないでインパクトできるのでしょうか?

という質問です!


スポンサードリンク


たしかに手首の角度がほどけるのが早いと左に飛んでしまいます!

そして手首のタメがないというという事は、インパクトでピークを迎えられないのでヘッドスピードも上がらない!

ただ手首にタメを作る動作というのは、一筋縄ではいかないのが現状です!


この手首の角度!

私も沢山の生徒さんにレッスンしてきましたが、この手の悩みの解決はなかなか難しい!
ただ不可能というわけではなく、根気強い練習が必要という事!

 

今回は、あまり難しいドリルではなくやや簡単な練習方法をご紹介してみましょう!


グリップを合掌するように握ってスイングする!


これだけです!

通常のグリップだと、右手が前で左手が後ろの関係性!


そうするとどうしても右手が先に力が入ってしまう!

その結果クラブが遠回りしてインパクトに向かってしまういわゆる「アーリーリリース」になってしまうのです

このグリップだと、右手が利かないのでタメが自然と生まれます!

慣れてくるとミートできるようになってくるので、当たり始めたらスマホか何かで自分の映像をご覧ください!
結構タメができていると思います!


この手首の角度が自然とできる

右手の悪さをなくす方法としては、簡単な実現方法ではないでしょうか!?

ただまた通常のグリップに直すと元に戻ることが多い!

ですのでタメの利いたスイングの体験がこれでできるという事で!実際のスイングではこれだけ右手を使っていないという実体験ということだけでも
練習してみる価値はあると思います!

やってみてください!


◎ HARADAGOLF メルマガ情報


HARADAGOLFメルマガのバックナンバーが購入できるようになりました!
■ 5月号
『ドライバーの基本編』

第2号 ドライバー、アイアン、ウェッジ クラブによるグリップの変化

第3号 基本のクォーター(1/4)ショット

第4号 ドライバーの基本 1

第5号 ドライバーの基本 2 前傾角度

第6号 ドライバーの基本 3 フェースローテーションとミート率アップ

5400税込みです!

申し込みはここをクリック
    ↓


スポンサードリンク


HARADAGOLFメールマガジン発行

HARADAGOLF動画レッスンチャンネルでは、応用!
そしてメルマガでは、基礎を中心した内容となっております!
じっくりと練習したい方
そしてブログでは書けない!
真実を知りたい方!

この「HARADAGOLFメルマガ 基礎から学ぶ 飛ばしの真実」をご覧ください!


登録すると
HARADADAGOLF動画レッスンチャンネルでは観ることができない
メルマガ限定動画を視聴することができます!

サンプル号の動画をご覧ください

基礎を学びたい方!ぜひ登録してみてください!初月は無料です(^.^)

メルマガ登録・解除


≪HARADAGOLF動画レッスンチャンネル≫

 

HARADAGOLFウェブサイトにて紹介しているこのYouTubeの動画チャンネル!

ほぼ毎日更新し、世のゴルファーの悩みをHARADAGOLF的視点で色々発信しております!

blogでは少し古い動画を詳細に説明していますが、

最新の動画をすぐご覧になりたい方、

見逃したくない方は、チャンネル登録していただければ、すぐにチェックすることができます!

 

、夜の21時に動画がアップされるように設定されていますので是非チェックしてください!

ここをチェック!

チャンネル登録4





 

そして骨太な内容になってしまったウェブサイトのブログとは別

私個人の毎日の練習日記、そして日々につぶやきのブログは、既存の個人ブログとして昔のブログが復活しております!

これも毎日とは言いませんが、更新しておりますので是非チェックしてみてください!

プライベートblog2


TOPへ