フェアウェイキープ率を上げたい方は、絶対知っていてほしい!フェードで飛ばす技術とは? HARADGOLF動画レッスンチャンネル

  • 2018年02月06日

おはようございます!
HARADAGOLF
ハラダシュウヘイです!



今日は、質問いただいております!

ドライバーがなかなかフェアウェイをキープしてくれません!
割と飛ぶ方なのですが、いつもラフや林の中!

そこからだと中々グリーンを捉えることができずにスコアメイクに困っております!
何か良い方法はないのでしょうか!?

持ち球はドロー系です!

という質問!


スポンサードリンク


ボールが飛んで曲がらない!
これはゴルファーの永遠のテーマ!
なかなか難しい!
どうしても飛距離を目指すとボールは曲がり始めてしまうもの!

ただ視点を変えるとうまくいくかもしれません!

それは

まず持ち球のドローボールを少し改善してみてはいかがでしょうか?!

というのもドロー系の持ち球の方は、どんどん右肩を下げて下からクラブを入れていこうと考えてしまいます!

そうするとクラブがインサイドから入りすぎてフックボールがきつくなり、それを嫌がって右にプッシュボールが出始める!

この悪循環が始まってしまいます!

では同のようにドローボールを改善していけばよいか!


結論から言うと

フェードボールのトレーニングをしてみるのです!

フェードボール!

要はスライスボールです!

ポイントは

アドレスにあります!

アドレスで肩を水平にセットし、ティを低く設定します

そして右肩を下げずに水平の回転の意識でややアウトサイドイン軌道でスイングする!


これでスライススピンをかける練習をしてみると良いでしょう!

フックがきつくなっていたり、クラブが下から入りすぎている方は、ボールがどうしても安定しません!

そしてこの頃のクラブは、フェードでもスピン量を抑えて飛ばせる構造になっております!

昔のようにドローでなければボールが飛ばないという時代ではないのです!

ということで軽いフェードのイメージを出せるようになれば、飛距離と方向性の両立ができるはずです!

お試しください!


■ HARADAGOLFメールマガジン情報
2018年

2月のテーマ!
【ゴルフの基本  グリップについて 】

もう一度グリップを掘り下げてみます!

グリップからわかる基本!

右手、左手、そしてショートゲームのグリップ

正しいグリップ

そしてグリップがスイングにどのように影響していくのか!

グリップについて丁寧にメルマガにて説明していきますので、興味のある方はメルマガ登録よろしくお願いいたします!

1月のバックナンバーが購入可能となりました!

1月のテーマは、身体作り!

下半身から上半身にかけての飛距離を伸ばすためのトレーニング方法!

しかも重いモノを持ったりせずに、家でできるエクササイズをご紹介!

私が飛距離アップすることができたトレーニングを一挙公開しております!

HARADADAGOLFメールマガジン!
YouTube
HARADADAGOLF動画レッスンチャンネルでは観られない限定動画も観ることができます!

毎週月曜日
12時に配信しております!

■ HARADAGOLFメルマガのバックナンバーが購入できるようになりました!

HARADGOLFメルマガは、月ごとにテーマを変え一か月単位のセットで購入できます!

● 2018年のメールマガジン

1月号
GOLF的動ける身体作り(ゴルフトレーニングの方法)

●2017年のメールマガジンのラインアップ
5月号
ドライバーの基本

6月号
アイアンショットの基本

7月号
ウェイトシフトの基本

8月号
ハーフスイングの基本

9月号
スイングプレーンの基本

10月号
トップオブスイングの基本

11月号
ショートゲームの基本

12月号
スイングテンポの基本

というラインナップ



HARADAGOLFメールマガジン発行

HARADAGOLF動画レッスンチャンネルでは、応用!
そしてメルマガでは、基礎を中心した内容となっております!
じっくりと練習したい方
そしてブログでは書けない!
真実を知りたい方!

この「HARADAGOLFメルマガ 基礎から学ぶ 飛ばしの真実」をご覧ください!


登録すると
HARADADAGOLF動画レッスンチャンネルでは観ることができない
メルマガ限定動画を視聴することができます!

サンプル号の動画をご覧ください

基礎を学びたい方!ぜひ登録してみてください!初月は無料です(^.^)
申し込みはここをクリック

メルマガ登録・解除


≪HARADAGOLF動画レッスンチャンネル≫

 

HARADAGOLFウェブサイトにて紹介しているこのYouTubeの動画チャンネル!

ほぼ毎日更新し、世のゴルファーの悩みをHARADAGOLF的視点で色々発信しております!

blogでは少し古い動画を詳細に説明していますが、

最新の動画をすぐご覧になりたい方、

見逃したくない方は、チャンネル登録していただければ、すぐにチェックすることができます!

 

、夜の21時に動画がアップされるように設定されていますので是非チェックしてください!

ここをチェック!

チャンネル登録4





 

そして骨太な内容になってしまったウェブサイトのブログとは別

私個人の毎日の練習日記、そして日々につぶやきのブログは、既存の個人ブログとして昔のブログが復活しております!

これも毎日とは言いませんが、更新しておりますので是非チェックしてみてください!

プライベートblog2


スポンサードリンク



フェアウェイキープ率を上げる ドライバーで 100yを打つ 練習の奨励!! スローモーション スイング HARADADAGOLF動画レッスンチャンネル

  • 2017年09月24日

おはようございます!
HARADAGOLF
ハラダシュウヘイです!



今日は、ドライバーの質問です!

ドライバーのティショットが、安定しません!

左右のОBが怖くてドライバーをキャディバックから抜けません!

どうすればドライバーを好きになれるでしょうか?

という質問です!


スポンサードリンク


 

確かにドライバーは、飛距離の出る魅力的にギアでもある反面、ボールが曲がり始めるとコントロールが利かないクラブでもあります!

スコアをアップさせるためにも何とか克服したいところではあります!
ではどうしたら良いか!

まずは発想の転換!

ドライバーは飛ばすギアではなく

飛ぶギアであること!

飛ばす!

ではなく

飛ぶ!!

なのでドライバーを握ると思い切り飛ばそうとしない練習をお勧めします!


ドライバーが苦手な方の中には、こう考えている方が多い!

「ドライバーは、〇〇y飛ばさなければならない!!」

たとえば、250y先まで絶対飛ばす!

あの池を超える

あの林を超える!

このようにどんどんハードルを無意識に上げていませんか?

このハードルをどんどん低くしていきましょう!

そうすれば、スイングが楽になるはずです!

ですので練習方法は簡単!

ドライバーで100y打つ練習をしてみてください!


切り返しはゆっくり

等速で身体と同調してスイング

しっかりと振り切って100y打つ

意外に難しい!

皆さん100y以上飛んじゃう!!

ハーフスイングなどふり幅をコントロールしないで大きなスイングで100y打つ練習というのが、課題となります!

そうすることで、身体の動きをコントロールする練習を沢山します!

コツは

切り返し等でシャフトをしならせないこと!


ここでシャフトにプレッシャーをかけない!!

そのため

oneSpeedを使ってシャフトをしならせないスイングを練習してみてください!

どういう事かというと


シャフトがしなるとしなり戻りが来てしまい、ヘッドが走ってしまう!

ドライバーが曲がってしまう方は、切り返しを急いでしまいシャフトのしなりのタイミングがつかめなくなっている可能性が高い

ですのでシャフトのしなりを抑えてゆったりと切り返すことを練習しなければなりません!


切り返しでシャフトをしならせない


あと体幹だけで打つ感覚を養う!

その為、脇にヘッドカバーを挟んで腕の動きをコントロールする!


腕を使わない体幹で打つスイングを心掛けることでスイングをコントロールすることを覚えます!

とにかくドライバーでのコントロールショットを覚えて

シャフトのしなりのタイミングを意識できれば

フェアウェイキープまで行かなくてもОBまではいかないはず!

皆さん沢山練習してみてください!


スポンサードリンク


■ HARADAGOLFメルマガのバックナンバーが購入できるようになりました!

HARADGOLFメルマガは、月ごとにテーマを変え一か月単位のセットで購入できます!

■ 6月号
アイアン編
■ 7月号
ウェイトシフト編

9月になりましたので

8月号のメルマガが購入できます!

8月のテーマは

ずばり『ハーフスイング』!

これはなかなかすごい内容です!

私自身のレッスンノウハウの中でこの技術は知っていただきたい!!

8月号の内容は!


■ 第15号 『ハーフスイングの基本 体幹で打つハーフスイング』


HARADAGOLFのスイング構築の神髄!

キングオブ練習メニュー!
それが
ハーフスイングです!
体幹を使った基礎中の基礎をご紹介していきます!


■ 第16号 『フェースローテーションを加えたハーフスイング』


ハーフスイングの基本は、あくまで体幹の動きがメイン!

がしかしそれにフェースのターンを加えることでよりスイングスピードが上がります!

フェースのターンというのは、どのような動きなのか!
その秘密に迫ります!!


■ 第17号 『強い捻転を加えたハーフスイング 』

【胸椎のねじれ】

【足首のねじれ】

【ツイストによるねじれ】

捻じれを生かしたスイングをハーフスイングで身につける方法とは?!


■ 第18号 『リストコックを加えたハーフスイング』

ハーフスイングによるスイング構築の中で最大のポイント!

リストコックを加えることでてこの原理を最大限利用する!

ハーフスイングでのスイング構築は、HARADGOLFの必須カリキュラムです!
どのようにしてタメを作ることができるか!
このハーフスイングで体得することができる!



HARADAGOLFメールマガジン発行

HARADAGOLF動画レッスンチャンネルでは、応用!
そしてメルマガでは、基礎を中心した内容となっております!
じっくりと練習したい方
そしてブログでは書けない!
真実を知りたい方!

この「HARADAGOLFメルマガ 基礎から学ぶ 飛ばしの真実」をご覧ください!


登録すると
HARADADAGOLF動画レッスンチャンネルでは観ることができない
メルマガ限定動画を視聴することができます!

サンプル号の動画をご覧ください

基礎を学びたい方!ぜひ登録してみてください!初月は無料です(^.^)
申し込みはここをクリック

メルマガ登録・解除


≪HARADAGOLF動画レッスンチャンネル≫

 

HARADAGOLFウェブサイトにて紹介しているこのYouTubeの動画チャンネル!

ほぼ毎日更新し、世のゴルファーの悩みをHARADAGOLF的視点で色々発信しております!

blogでは少し古い動画を詳細に説明していますが、

最新の動画をすぐご覧になりたい方、

見逃したくない方は、チャンネル登録していただければ、すぐにチェックすることができます!

 

、夜の21時に動画がアップされるように設定されていますので是非チェックしてください!

ここをチェック!

チャンネル登録4





 

そして骨太な内容になってしまったウェブサイトのブログとは別

私個人の毎日の練習日記、そして日々につぶやきのブログは、既存の個人ブログとして昔のブログが復活しております!

これも毎日とは言いませんが、更新しておりますので是非チェックしてみてください!

プライベートblog2


スポンサードリンク



フェアウェイキープ率を上げる練習② クラブをスティ―プに入れる

  • 2015年08月18日

前回同様にフェアウェイキープ率を上げるための練習としてティーを低くしてダウンブローにドライバーを打つということを説明していきます!

ドライバーというクラブを上手くコントロールできていない方のほとんどがクラブがアンダーに入っている事が多いという事があります!

アンダーとは!

シャフトプレーンに対して下からクラブが入る事です!

そしてそうなっていくとどんどんティーが高くなっていきます!

そうでないとボールを捉まえる事ができないからです!
しかしそうなるとまたどんどんアンダーにクラブが入っていき下から右肩を下げて前傾角度を起こしながらインパクトを迎える事が日常化しどんどんプッシュやチーピンボールが増えていきドライバーがコントロール不能となってしまいます!

まずはティを低くし、低いスライスボールで打てるようにする事が修正となります!

ややスティ―プに上からクラブを入れるアイアンショットの延長線上にドライバーがある事を認識する事が重要となります!

切り返しでは右肩の位置にシャフトが横切るようなダウンスイングの形が重要!

そのあとシャフトが倒れないように右肩の位置を保持し前傾角度をキープしながらインパクトをと向かいます

ややハンドファーストなインパクトを心がけ、右肘を身体に引きつけながらボールを潰していきます!

右肩の位置にシャフトが立って降りていく!
CIMG8138

上からややスティ―プに入れるイメージ!
CIMG8139

前傾角度を保持しながらインパクト!
CIMG8140

右肘を引きつけながら
CIMG8141

CIMG8142

CIMG8143

ドラコン競技用のスイングはティを高くしてややアッパー
ストロークプレー用のドライバースイングはティーを低くしてレベルかダウンブローで!

この使い分けが重要となります!


スポンサードリンク



フェアウェイキープ率を上げる練習法① 低いボールで攻める

  • 2015年08月17日

今日のフェアウェイキープ率を上げるための練習法をアップします!

この時期のラフはかなり粘っこくなっており、入ってしまうとミドルアイアンではまず出ないという状況も考えられます!

もしくは、暖かい気候という事もありブンブン振りまわしてOBがなくならないという方!

CIMG8136

グリップは短く握る
CIMG8137

ということはある程度ボールが飛んでそして飛ぶがゆえに曲がった時の曲がり幅がコントロール不能になるという方にお勧めの練習法でございます!

それはドライバーをダウンブローに打つという事になります。

ドライバーとはティーをある程度高くしてアッパーブローに打つというイメージがあります!
もちろんドラコンの時などはハイティーアップでややアッパー気味にボールを捉え高いボールで最大飛距離を狙いますが、OBやラフにつかまることでスコアが伸びないのでは本末転倒!

そこでティーを低くしてドライバーでダウンブローに捉える練習をします!

練習ではこれくらい低くします!!
CIMG8133

CIMG8134

アドレスするとヘッドでボールが隠れるくらい!
CIMG8135

ドライバーくらいロフトが無いクラブでダウンブローに捉えるとやや低いフェードボールが出やすいです!

ただそれで良いので慣れてくると上手くボールを捉える事ができます!

ヘッドスピードが高い方であれば低く飛び出してそのまま直進してあまりボールが曲がる事がありません!

次回はもう少しスイングのメカニズムの説明いたします!


スポンサードリンク



ゴルフレッスンチャンネル
TOPへ