ティーショット ドロー系のスイングの心得

  • 2016年04月21日

今日は、ティーショットの心得をお話いたします!
ティーショットのドライバーはゴルフにおける最初のプレーとなり、そのホールのカギを握る重要な一打となります!

この一打で次のショットの明暗を分けるといっても過言ではございません!

では、このドライバーのティーショットにおいて絶対にやってはいけないこととは何でしょう!


スポンサードリンク




それは!

OBです

アウトオブバウンス!

枠から外れることでございます!

コースの枠から外れるようなボールを打ってしまってはそこで終わり!

大叩きの序曲となることが良くあります!

今回はティーショットでドロー系のスイングです!

ボールがある程度どちらかに曲がるという前提でコースを攻めることができれば大きな武器となります!

今回はストレートに飛び出し、左に曲がるドローボールの打ち方です

スイングはなるべくインサイドイン軌道でバランスよく振りぬくことが重要ですが、何点か注意点があります

●フェースの向き

クラブフェースの向きは、あまりオープンにしてしまうと右にスライスボールが出てしまうことが多いです!
ですのでしっかりとフェースの向きが捻じれないように体とクラブが同調してゆっくりテークバックすることを心がける

テークバックはフェースを開かない

●スイング軌道
インサイドインを心がける
とくにややインサイドからフラット軌道を心がける
アップライトな軌道だとアウトサイドインになりスライスになる可能性が出てくる

ドロー系ドライバー

●切り返し
いわゆるダウンスイングといわれるところですが、ゆっくり下半身から切り返し胸がすぐに開かないで腕が最後に降りてくる感覚になるとシャフトがプレーン上に戻ってきます
感覚はシャフトがややドロップして下がる感覚(やりすぎはシャフトが寝てチーピンやプッシュボールの原因にもなるので気を付ける)

ドライバードロップ

ドライバードロー系

この辺りをシュミレーションの素振りを行い、プレーに入る!

ちなみにフェードの攻め方もアップしておきます

ティーショット

左から回してグリーンを狙うショット

トップの位置は見た目は変わりませんが!
植苗ドライバー

ドローの振り抜きとボールの打ち出し(ドロー系はボールの進行方向と振りぬくクラブの進行方向が揃う)
ドローの振り抜き

フェードの振り抜きとボールの打ち出し(フェードは振り抜きが左方向になるとので少しずれる)
フェードの振り抜き3


スポンサードリンク



ドライバー ドロー&フェードの打ち分け

  • 2015年03月02日

ドロー系スイング

フェード系スイング

今日は、ドロー系とフェード系スイングの比較をしてみたいと思います。

ドロー系のスイングとフェード系スイングのボールポジションの比較

ドロー系の場合ボールポジションは右寄りに置き、ハンドファースト、そしてフェースを少し開いて構えます。
CIMG9623.JPG

フェード系の場合、ボールポジションは左寄り、ハンドレートに構え、フェースが少し閉じぎみにして構えます。
CIMG9627.JPG

ドロー系スイングとフェード系スイングのプレインパクトポジションの比較

ドロー系スイングの場合、ややインサイドからクラブが入ってくるので身体に開きを抑えてられている。
CIMG9624.JPG
フェード系スイングの場合、少しアウトサイド目からクラブが入ってくるので右肩が下がったダウンになりにくい。
CIMG9628.JPG

ドロー系スイングとフェード系スイングのインパクトの比較

ドロー系の場合、頭とボールとの距離が遠い。ボールの位置が右寄りなので、右に打ちだしている。身体の開きは全くなく、やや右を向いている感じ
CIMG9625.JPG

フェード系スイングの場合、頭の位置が傾かず、身体の正面でとらえている。フェースはスクエアで絶対閉じてはいけない。
CIMG9629.JPG

ドロー系スイングとフェード系スイングのフォローの比較

ドロー系スイングの場合、ややインサイドからアウトへの振り抜きになり、左肘が少したたんでおります。この分フェースローテーションが行われている証拠。
CIMG9626.JPG

フェード系スイングの場合、フェースローテーションを行わずフェースを逃がしながらインサイドに打ち抜くので左肘は伸びたまま向かいます。
CIMG9630.JPG

ドロー系スイングとフェード系スイングのフィニッシュの比較

ドロー系スイングの場合、リストターンが勢いよく行われるのでシャフトの動きがアクティブになりしっかり巻きつくように終わります。
CIMG9631.JPG

フェード系スイングの場合、フェースローテーションを行わず、フェースを逃がしてフォローをとりますので、シャフトがあまり身体に巻きつかずに終わる。
CIMG9632.JPG


スポンサードリンク



TOPへ