30センチまっすぐのフレーズとは?(左右に壁を作る) HARADAGOLF動画レッスンチャンネル

  • 2017年05月11日

おはようございます!

HARADAGOLF
ハラダシュウヘイです!




今日は、質問いただいております!

バックスイングで30センチまっすぐ引く!
この単純なアドバイスをいつも耳にします!

しかしスイングは回転動作!

バックスイングでは、すぐにインサイドにクラブが入っていくと思うのですがどういう事でしょうか?

という質問です


スポンサードリンク


たしかに体は回転していくのでインサイドにクラブが入っていくのが自然なスタイル!

しかしポイントは30センチ!のみ!

 

この30センチというのがポイントになっていきます!

ボールの当たるインパクトゾーンは、大体そのくらいの長さでしかありません!
そこがまっすぐでなければ、ボールをまっすぐ飛ばすことができないからです!


テークバックのゾーン30センチ

フォロースルーの30センチ


ではどのようにこの30センチを真っすぐを作ればよいか!

大切になってくるのが

左右の壁です!
バックスイングでは、右サイドを壁として使い、
フォロースルーでは、左サイドを壁として使う!


練習方法

バックスイング
左手の片手打ち

右手を前に出してこの右手を固定した状態でスイング!

ックスイングでも右サイドは固定

フォローでも右手は同じ位置を保持する


右手、右肩が壁というイメージになります!


フォロースルー
右手の片手打ち

今度は左手を前に出して

バックスイングでは左手を固定する

左サイドを壁にして右手で打つ

左手を同様に前に出して固定した状態でスイング


この練習で、体幹は回転していく中で腕は壁の役割で30センチは回転するのを我慢するという事理解します!

そうすることで背中がストレッチされ、身体の裏側の筋肉を存分に使う事を可能にします!

バックでは、右広背筋がストレッチ

フォローでは左広背筋がストレッチ

この左右の壁を作るトレーニングで、30センチまっすぐのフレーズの意味を理解してみてください!

飛距離と方向性!
双方を可能にするドリルですのでお勧めでございます!


スポンサードリンク


HARADAGOLFメールマガジン発行

HARADAGOLF動画レッスンチャンネルでは、応用!
そしてメルマガでは、基礎を中心した内容となっております!
じっくりと練習したい方
そしてブログでは書けない!
真実を知りたい方!

この「HARADAGOLFメルマガ 基礎から学ぶ 飛ばしの真実」をご覧ください!


登録すると
HARADADAGOLF動画レッスンチャンネルでは観ることができない
メルマガ限定動画を視聴することができます!

サンプル号の動画をご覧ください

基礎を学びたい方!ぜひ登録してみてください!初月は無料です(^.^)

メルマガ登録・解除
 


≪HARADAGOLF動画レッスンチャンネル≫

 

HARADAGOLFウェブサイトにて紹介しているこのYouTubeの動画チャンネル!

ほぼ毎日更新し、世のゴルファーの悩みをHARADAGOLF的視点で色々発信しております!

blogでは少し古い動画を詳細に説明していますが、

最新の動画をすぐご覧になりたい方、

見逃したくない方は、チャンネル登録していただければ、すぐにチェックすることができます!

 

、夜の21時に動画がアップされるように設定されていますので是非チェックしてください!

ここをチェック!

チャンネル登録4





 

そして骨太な内容になってしまったウェブサイトのブログとは別

私個人の毎日の練習日記、そして日々につぶやきのブログは、既存の個人ブログとして昔のブログが復活しております!

これも毎日とは言いませんが、更新しておりますので是非チェックしてみてください!

プライベートblog2

プライベートblog


TOPへ