ゴルフにおける飛ばしの筋肉とは?! HARADAGOLF動画レッスンチャンネル

  • 2017年03月07日

おはようございます!
HARADAGOLF

ハラダシュウヘイです!

今日は、質問いただいております!

とにかくボールを遠くに飛ばしたいです!
飛ばすための筋肉はどこにあるのですか?

下半身だとか腹筋だとか
はたまた

腕だ!

という方もいます!

どこを意識すればボールを遠くに飛ばせるのかを教えてください!

という質問です


スポンサードリンク


飛ばすための筋肉!!

大きく分けると2つ

下半身と背中!

この2つで説明してみます!



下半身がエンジン!

背中がそのエンジンを上半身に繋げる懸け橋

なぜかと言えば!
下半身の大きな筋肉を背中に伝えて最後に腕で振るという定義になるからです!

 

まあ最後に振るのは腕ですので腕自体も大事ですが、エンジンとなるのは下半身と背中!


まずは脚を使って鋭く力を蓄える!

そしてそのあと左の広背筋を使って引き下ろす!

左の背中のストレッチがとても重要になります!


具体的な意識を高めるトレーニング

まずはストレッチ

左右両方伸ばします!

腰を回転するとよりストレッチされます!


次に前傾姿勢をした状態での腕の上下の振り上げと振り下ろし

耳まで上げることができるとかなり良いでしょう!

ただ前傾の角度がほどけてしまっては意味がありません!

しっかり前傾をキープしながら腕を振り上げる!

振り下ろすとき体幹がぶれないように!


最後に左腕の片手打ち

背中で牽引

しっかり前傾をキープしながら腕を振る


とにかくまずは下半身と上半身の懸け橋となる背中が飛ばしのポイントとなってきます!

脚が強くても背中が弱いと振り遅れる!とよく言われます!

しっかり脚の力を背中に伝え最後に腕、クラブヘッドへと伝達していく技術を身につけていきましょう!



≪HARADAGOLF動画レッスンチャンネル≫

 

HARADAGOLFウェブサイトにて紹介しているこのYouTubeの動画チャンネル!

ほぼ毎日更新し、世のゴルファーの悩みをHARADAGOLF的視点で色々発信しております!

blogでは少し古い動画を詳細に説明していますが、

最新の動画をすぐご覧になりたい方、

見逃したくない方は、チャンネル登録していただければ、すぐにチェックすることができます!

 

大体、夜の21時から22時あたりに動画がアップされるように設定されていますので是非チェックしてください!

ここをチェック!

チャンネル登録4





 

そして骨太な内容になってしまったウェブサイトのブログとは別

私個人の毎日の練習日記、そして日々につぶやきのブログは、既存の個人ブログとして昔のブログが復活しております!

これも毎日とは言いませんが、更新しておりますので是非チェックしてみてください!

プライベートblog2

プライベートblog


スポンサードリンク


昨日はワークアウト!(ゴルフのキングオブトレーニング ベントオーバーロー) トレーニングとスイングを関連づける(前傾をキープ)

  • 2016年11月12日

 

 

 

昨日はワークアウトの日です!

いつものルーティーンワークで、朝はレッスンの仕事

午後からワークアウト

 

夜はまたレッスンの仕事という流れ!


スポンサードリンク





そんな中、トレーニングのお話です

 

私は、8年くらいトレーニングを続けておりますが、今ではパーソナルトレーニングという言葉が当たり前になりつつあります!

 

私が始めたころは、あまりこの手のトレーニングをしている方はプロフェッショナルなスポーツ選手かかなり本格的なセミプロ的なアマチュアスポーツ選手に限られていたと思われます

 

 

しかし今ではスポーツ選手は、ほぼ全員 そして一般の方々もこのパーソナルトレーニングが主流となっております!

 

ではトレーニングをすることでスポーツ選手は、どうなれば良いのでしょうか!

 

かっこいい体になり、モテモテになればOK!

 

なんてことではないのです!

 

それは!

 

 

結果です!

 

野球のピッチャーだと130キロしか投げられなかったのが、150キロになった!とか陸上競技でいえば記録が伸びた!とかです!

 

とにかく結果を出すためにトレーニングをする!

 

私がやっているワークアウトは、そう位置づけをしております!

 

となるとゴルフでは何が!結果として結びつくのでしょうか!

 

そんな関連動画を作ってみました!

 

トレーニングはベントオーバーロー!

ゴルフのキングオブトレーニングです!

 

ゴルフの基本というべき前傾姿勢をキープした状態での背中を使った引き上げ運動!

 

前傾角度はイメージでは、胴体が地面と平行!くらいに体を倒す!

 

背中を丸くさせないお尻をプリッと上に突き上げる!

この姿勢を保持して引き上げることのできる重さを探します!

 

前傾角度をしっかりして

img_2813

反動をつけずに引き上げ、ゆ~~っくり引き下ろす

img_2812

このとき自分が持てる以上の重さのものを使って姿勢保持をしないで反動をつけてしまっては意味がありません!

早く引き上げ、ゆっくり引き下ろす!

その間前傾角度は、同じ位置!

このトレーニングをするだけで前傾角度をキープする筋肉をパワーアップすることができます!

やっていくうちに、

 

反動をつけてやっても前傾の角度をキープするトレーニングにはなりません!

 

まずは軽い重さのものから試してみるとよいでしょう!

 

このトレーニングでの結果

 

● つま先下がりから飛距離が落ちない

 

● フェアウェイバンカーから飛距離が落ちない

 

● ショートアイアンのライン出しのハーフショットで飛距離が落ちない

テークバックからトップにかけてクラブを振り上げるときの前傾の保持は必須!

%e5%89%8d%e5%82%be%e8%a7%92%e5%ba%a6%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88

ダウンスイングでインサイドからクラブを入れる際に前傾角度が起き上がると、ダフリ、チーピンなど色々なミスが出てしまう!

%e5%89%8d%e5%82%be%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%e6%96%b0

フォローまで前傾をキープできるとボールを上から圧すことができるのでコンパクトなスイングでも飛距離が出る!

%e5%89%8d%e5%82%be%e8%a7%92%e5%ba%a6%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%ef%bc%93

 

前傾角度のキープ 軸の上下の動きが抑制されボールを強くひっぱたくことができるのでミート率が上がります!

 

 

トレーニングをすることで、自分のやりたい動きを身につける!

 

 

アイアンをうまくなりたい方は、このベントオーバーローをお試しください(^.^)

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク



昨日はワークアウトの日

  • 2016年09月07日


昨日はワークアウトの日です!

この頃、あまりトレーニングはアップしていませんが、毎週必ずパーソナルトレーニングは受けております!

私はまだまだ飛ばしをあきらめておりません!


スポンサードリンク




あまりアップしていないのは、かなり地味なウェイトトレーニングをこなしており、大体が一度紹介したものばかりを繰り返しやるというメニューです!

地味でいてそれでいてめちゃくちゃつらいということで別に皆さんにお見せすることもないかと思われ今までアップしておりませんでしたが、そろそろ原田はトレーニングをさぼって飛ばしをあきらめたかと思われるので今回は背中のトレーニングをお見せします
IMG_1653

IMG_1651

この映像は、20回の2セット目ということもあり、まだ完璧にできておりません

地味な動きですがかなりつらい!

まずは20回の2セットを簡単にこなせるように頑張ります!

これは2年前 軽いバージョン!


スポンサードリンク



TOPへ