50yを確実に乗せる方法(クローズトゥオープン)HARADADAGOLF動画レッスンチャンネル

  • 2017年07月15日

おはようございます!
HARADAGOLF
ハラダシュウヘイです!



今日は、50yくらいの中途半端な距離の対応についてお話していきます!

このくらいの距離は、上級者でもかなり難しい!

インパクトの加減でどうにでもなってしまう!

中々距離を合わせるのが難しい!!

ではどのようにして対処していけばよいか!


スポンサードリンク


結論から言うと
『フェースローテーションを抑えて打つ!』

ここが重要となります!

ヘッドの動きが活発なのがフルスイング!

ややオープンからクローズの動きで鋭く振り抜く!ヘッドスピードが速い状態でこの動きをやればそれだけで十分なスピンが期待できる!
でも小さいスイングではこの動きでボールを打つとスピンがすぐほどける!

小さいスイングでもスピンがしっかりかかる打ち方をしなければなりません!

ではそのためのポイントは2つ!


1、クローズトゥオープン

2、ヘッドの運動量を抑える!

この2つ!


1、クローズトゥオープン

これは、インパクト付近のフェースの使い方!

フェースを開いて閉じる動きで行くと、ある程度ヘッドスピードがないとボールにスピンがかかりにくい!

これの原因は、明らかにヘッドスピードが起因します!

絶対的にヘッドスピードが遅いのがハーフスイング

このスピードの中でバックスピンをかける場合、フェースにしっかりボールが乗っからなければなりません!

フェースの使い方がその場合、クローズからオープンに抜けるとボールにスピンをしっかりかけることができるのです!



オープンからクローズでスピンをかける場合、ハーフスイングのふり幅だとヘッドスピードが足りないのでどうしてもスピンがほどけてグリーンに乗ってから止まらない!という現象になってしまいます!


2、ヘッドの運動量を抑える

ふり幅をハーフに抑えたい!

ハーフ!

これは1/2のふり幅です!

その為には、ヘッドの運動量を抑える必要がある!
逆転の発想で手元の動く量を多くしてヘッドの運動量を少なくする!

練習方法は、簡単!


ヘッドとアドレスの位置に保持しながら手元を左右に動かす!


そうすると
クラブヘッドのトゥの部分を中心にヒールが動く!ようするに

『1、クローズトゥオープン』で説明したこととが再現されるという事です


この動きができれば、クラブの運動量が抑えられて、ややクラブがインサイドに引きすぎる傾向のある方も修正ができます!

ヘッドがターゲット方向に常に存在しているようなスイングが可能となります!

50y付近のショットでは、適正はスピンと適正はふり幅!双方をしっかり把握できなければなりません!

このくらいの中途半端な距離をグリーンに乗せることができれば、プレーの幅が広がること間違いありません!

しっかり練習してみてください!


スポンサードリンク


■ HARADAGOLFメルマガのバックナンバーが購入できるようになりました!

HARADGOLFメルマガは、月ごとにテーマを変え一か月単位のセットで購入できます!

5月はドライバー編
6月はアイアン編
という感じです!


■ 5月のメルマガ

『ドライバーの基本編』


■ 6月のメルマガ
『アイアンの基本編』
6月は
第7号~第10号 そして号外を含めた5つの記事で構成されております!
アイアンのハンドファースト、ダウンブロー、リストコックなどアイアンの基本が満載です!
興味のある方は、単品でも購入可能なので是非ご覧ください!


◎ 6月号の内容


● 第7号  『アイアンのボールの位置』 ● 

アイアンの基礎はボールの位置!

ボールの位置でボールの出球、飛距離、スピン量、全てが決まります!


● 第8号  『アイアンのダウンブローの基礎 「クローズトゥオープン」』  ● 

ダウンブローショット!

アイアンショットの醍醐味!

ボールを打った後、ベーコンのような薄く長いターフを削ってみたい!

HARADAGOLF的発想でその願いにお答えする!

そんな技術をこれからご紹介!
キーワードは
『クラブフェースのトゥの重さを利用してシャフトをしならせる』


● 号外   『飛ばしとゴルフの関係性』  ●
ゴルフの飛ばしを
ドラコン競技とストロークプレイで比較

◎ 遠くにとにかく飛ばす競技

交感神経が優位に立ったやや興奮状態からマックスの飛距離を生み出す

◎ 安定してフェアウェイに落とすストローク競技

副交感神経が若干優位に立ったリラックスした状態からスイングの安定を生み出す

この違いから分かることとは?


● 『第9号  ハンドファーストインパクト オープントゥクローズ』  ● 

オープントゥクローズ!
フェースの開閉は、アイアンショットの必須ポイント!

開いたクラブを閉じていく!

ハンドファーストに捉え

フェースを閉じる動きを左脇を締めながら行う!


● 第10号 『リストコック(てこの原理)でダウンブロー』  ●

リストコックによるダウンブローショット!

手首のタメを使ってどのようにボールを捉えるか!

てこの原理に基づいた身体に無理のないダウンブローショット

そしてニーアクションの使い方

足腰の動きとリストコックの連動性についてのお話です!


5400税込みです!


HARADAGOLFメールマガジン発行

HARADAGOLF動画レッスンチャンネルでは、応用!
そしてメルマガでは、基礎を中心した内容となっております!
じっくりと練習したい方
そしてブログでは書けない!
真実を知りたい方!

この「HARADAGOLFメルマガ 基礎から学ぶ 飛ばしの真実」をご覧ください!


登録すると
HARADADAGOLF動画レッスンチャンネルでは観ることができない
メルマガ限定動画を視聴することができます!

サンプル号の動画をご覧ください

基礎を学びたい方!ぜひ登録してみてください!初月は無料です(^.^)
申し込みはここをクリック
     ↓

メルマガ登録・解除


≪HARADAGOLF動画レッスンチャンネル≫

 

HARADAGOLFウェブサイトにて紹介しているこのYouTubeの動画チャンネル!

ほぼ毎日更新し、世のゴルファーの悩みをHARADAGOLF的視点で色々発信しております!

blogでは少し古い動画を詳細に説明していますが、

最新の動画をすぐご覧になりたい方、

見逃したくない方は、チャンネル登録していただければ、すぐにチェックすることができます!

 

、夜の21時に動画がアップされるように設定されていますので是非チェックしてください!

ここをチェック!

チャンネル登録4





 

そして骨太な内容になってしまったウェブサイトのブログとは別

私個人の毎日の練習日記、そして日々につぶやきのブログは、既存の個人ブログとして昔のブログが復活しております!

これも毎日とは言いませんが、更新しておりますので是非チェックしてみてください!

プライベートblog2


100Y以内のウェッジショット② 70y 60y 50y

  • 2016年11月17日

今回も100y以内のウェッジショットのお話を続けていきましょう!

まずは、距離を調節する色々なバリエーションを前回同様に列挙してみます


スポンサードリンク






 

● クラブ選択

58° 56° 52° 48°

● ふり幅

クォーター1/4、 ハーフ1/2 スリークォーター 3/4

● ボールの位置

左に置けばボールが高く上がるので飛ばなくなる 右に置くと低くなり強いボールになる

● グリップのポジション

チョークダウンして握ると飛ばなくなる(短く握る)

● 加速的なインパクト

バックスイングよりもフォローのふり幅が大きく

● 等速的なインパクト

バックスイングとフォローが同じ

● 減速的なインパクト

バックスイングよりもフォローのふり幅が小さく

● スタンス幅

狭くするとふり幅が小さくなる

● スピン量

カットの量が増えればスピン量が増えて距離が飛ばなくなる

 

 

ここからいろいろ組み合わせていきます!


 

◎ 70y

正面からの映像後ろからの映像で70yでもスイングを変えております!

正面からの映像では56°でインパクトを等速でスリークォーターショット

等速インパクト系スイング

3/4バックスイング

img_2909

 

3/4フィニッシュ

img_2910

 

 

 

後方からの映像では52°を使ってバックスイングではスリークォーター(3/4) フォローはクォーターのイメージ(1/4) インパクトで減速させ距離調節!

減速インパクト系スイング

3/4バックスイング

img_2907

 1/4フィニッシュ

img_2908

違いはバックスイングを大きくし、フォローを小さくしてパンチショット気味に打つほうは、ボールが低く飛び出しスピンで止めるような打ち方になります!

バックとフォローの大きさを同じにして等速でインパクトする場合、ボールはロフト通りに上がり通常通りの距離で止まります!

後方からのショットの場合、少し低く打ち出していかなければならない訳はライが打ち上げだったからです!少しショートしそうな感覚があり通常のショットより、インパクトにパンチを入れたかったというのが理由となります!


 

◎ 60y

これは後方からの映像しかありませんが、クラブは52°

そしてスイングはインパクトで加速する感覚

ハーフスイング(1/2)のバックスイング

スリークォーター(3/4)のフォロー

フォローのほうが大きい加速インパクト系スイング

 

1/2バックスイング

img_2905

 3/4フィニッシュ

img_2906

 

フォローで加速させると通常のハーフスイングよりも少し距離が延びます!

52°でハーフスイングをすると大体60yではありますが、少し上り傾斜なのでショートしないように少しフォローを大きくして加速的にインパクト!


 

◎ 50y

これは56°でインパクトを等速にしてハーフスイング(1/2)

バックもフォローも1/2のスイングになります

基本的ハーフスイング

img_2911 img_2912

img_2913 img_2914

この50yのハーフスイングは、常に練習する距離!この距離を目安に色々なスイングへと派生する基礎のスイングとなります!

ウェイトシフト、リストコック、体の捻じれ、軸のキープetc.

 

 

 



スポンサードリンク


大体スピンが利いてグリーンで急激に噛んでいくようなボールは、この距離まで!
40y以降は、徐々にヘッドスピードが落ちてくるのでスピン量も減っていきグリーンで急激に止めるような打ち方が徐々に難しくなっていきます!

キャリー(ボールが空中にいる時間)とラン(転がっている時間)の比率を考え始めるのが40yから

次回

40y以降のお話をしていきます!


TOPへ