ドライバースイング解説

  • 2016年03月11日

今日は、ドライバーのスイング解説を動画にてご覧ください!

連続で何度もご覧いただき、そのあと部位の説明を始まります


スポンサードリンク




ポイントは3つ

1、低く長く広く大きくテークバック
2、切り返しはゆっくり背中で引き下ろす
3、フォローは最大限大きく
です!

順を追って説明いたします。

1、低く長く広く大きくテークバック

広く長くテークバック

これはテークバックは助走の役割であるのでここがとても重要!

急がずゆっくり大きく助走しなければなりません!

2、切り返しはゆっくり背中で引き下ろす

狭く引き下ろす

これは飛ばしの筋肉を最大限使うためには、下半身から背中でクラブを引き下ろすことが大切!
ここが右手で簡単に打ちにいってはいけません!
背中をストレッチさせて下半身から引き下ろしクラブを体の近くに引き寄せる!

3、フォローを最大限大きく!

フォロー最大

フォロースルーを大きくするという定義はあくまである一つのことが守られてこそ活きます!

それは頭の位置!!
身体を大きく使っても頭の位置がボールの位置より後ろにあることが重要!
それでいてフォローを最大限遠くまで放り出す!!
これができるとボールを強く押し付けることができるのでインパクト効率も上がりますし、ヘッドスピードも上がります!


スポンサードリンク



HARADAGOLF  YouTube紹介動画 ドライバースイング 

  • 2016年02月03日

今日は、YouTubeの紹介動画を変更いたしました!

正面 
YouTubeドライバー2

正面スロー
YouTubeドライバー3

後方から
YouTube

前方スロー
YouTubeドライバー

ご覧くださいませ(^-^)


スポンサードリンク



フェアウェイキープのドライバーと遠くに飛ばすドライバーの違い

  • 2015年06月05日

ゴルフの最も有名な格言にこのような言葉があります!
FAR&SURE
より遠くに! より正確に!

ゴルフとはその2つを両立しなければなりません!

そして私が参加しているドラコン競技と実際のゴルフでのドライバーショットとは根本から変わってきます!

ドラコン的スイングの場合、6球のうち1球がフェアウェイに入ればOK!そしてその1球が最も飛んでいれば勝つ事ができます!

競技ゴルフの場合は、これとは異なります!
レイアウトを考え次のセカンドショットに対してどこから打てば良いか判断し飛距離より方向性が重要!

おのずとスイング自体に変化が出てきます!

より遠くに!のみを追求するドラコン競技の場合のスイングは、ティーを高くしてややアッパー気味にボールを捉え高弾道で最大飛距離を狙う!

タメを最大にして
CIMG3090

アッパーに振り抜く
CIMG3091

そしてより正確に! を追求する競技ゴルフのスイングは、ティーを低めにしてレベルブローかややダウンブローに近い入射角でボールを下に押すように打つ!

コンパクトなトップ
CIMG7499

CIMG7500

上体を抑え込んでボールをやや上からインパクト
CIMG7501

ボールを低く押し込む
CIMG7502

低く長いフォロー
CIMG7503

飛んだボールをを追っかけるようにフィニッシュへ向かう
CIMG7504

CIMG7505

コンスタントにフェアウェイの中に入れるスイングの場合、ややアイアンの延長というスタイルでのスイングが重要となります!

この飛距離と方向性の2つの両立がゴルフ最大の課題!

ただ来週はドラコンの競技がありますのでとにかく方向性を忘れて飛距離を求めて練習していきます(^-^)


スポンサードリンク



レッグマジックを使って左右のスウェイを防止

  • 2015年04月19日

今日は、レッグマジックを使った練習法をご紹介!

皆さんの家にレッグマジックはありますか?! 結構衝動買いをしてそのまま押し入れに締まっている方が多いかと思われます!(大きいので邪魔という方もいます)

このレッグマジックを使ってスイング中の左右のスウェイを防止するトレーニングをアップします!

まずレッグマジックに乗りいつものように左右に足を開いて閉じる運動を行います!
そして左右の足が閉じた瞬間!この状態を保持します!

この状態も結構キツイ!
CIMG2941.JPG

この保持した状態のままスイングします。内転筋と腹筋に力を入れて振れば左右の身体のブレを防止する事ができます!
CIMG2944.JPG

フォロースル―は左サイドのカベ
CIMG2942.JPG

そして次に右脚だけ乗せて右サイドのエッジングのトレーニング!
CIMG2943.JPG

右サイドの受け止めがない方はすぐに右へ流れていきますので内転筋をしっかり締めてテークバックする事が重要です!

右サイドのエッジングを鋭く!
CIMG2945.JPG

さあ押し入れにしまってあるレッグマジックを引っ張り出して今日から、トレーニングを開始してみてください!


スポンサードリンク



TOPへ