昨日は夕暮れ9ホールラウンドレッスン

  • 2015年08月30日

昨日は夕暮れ9ホールラウンドレッスン!

参加者はこれからの若手ゴルファーたちです!!

レッスン内容は、始めにショートゲーム全般です。

まずウェッジショットでボールのポジションを変えて高い球とやや低い球の打ち分け

9Iや8Iなどのチップショット

そしてゲーム形式のパッティングのレッスン

これには2時間もかけて練習しました

そしてラウンドでは今回はドライバーを中心に沢山練習しました!

ラウンドの流れを決めるのはやはりドライバー!

ティーショットをフェアウェイにキープし、ライバルたちの前にボールを飛ばせば精神的にもプレーの運び的にもアドバンテージがとれるからです!

ティーショットでは、プレショットルーティーンの練習から入り、そのあとはあまりラウンド中はやらない技術指導!

かなりの時間とティーショットに費やしドライバーのスイングをコース内でチェックしました!

これからの可能性を感じさせるスイング!
IMG_8300

ドライバーがこの1年でぐんと成長しました!
IMG_8302

リストターンが上手い!ドライバーはほとんどがドロー系!
IMG_8303

150ヤードからのアイアンショットの練習風景

IMG_8299

夕暮れも早くなり、18:30ぎりぎりまでプレーしましたので空は真っ暗!

8月のイベントはこれで終了です!

そして9月は最後のイベントHARADA杯ゴルフコンペがあります。

9月14日(月) スタートは8:27 場所はシェークスピアカントリークラブです

11組44名定員になりましたが、最後の方で必ずキャンセルが入りますのでエントリーはまだ受付中です。

あと月例会のご案内!
9月9日(水)
千歳空港カントリークラブ
9:30スタート

これもまだ受付中です!

そして夕暮れ9ホールラウンドレッスンもまだまだ予定しております。

9月12日(土)

9月26日(土)
どちらも夕暮れが早くなっておりますのでスタートが早くなってきます。

参加希望の方はお声をかけてください!


スポンサードリンク



膝立ちスイング(正しい腕の振りを覚える)

  • 2015年08月29日

昨日は、通常レッスンを朝は太平ゴルフセンター、夜からはエムアールゴルフセンターで行いました!

そんななかのレッスン風景がこちら!

IMG_8288

膝立ちスイングです!

膝が流れて身体が傾いてインパクトをする方の矯正になります!
身体を使ってダイナミックに飛ばすジュニアから始めたゴルファーや若いゴルファーに多いのが身体をしならせてボールを飛ばす方法!

しかしそれをやり過ぎて身体が傾いてクラブを下からインサイドアウトにし過ぎる傾向があります!
その結果フックに悩んだり、ここ一番でダフッたりする傾向があるのです!

この膝立ちスイングはそんな人に効果てきめん!

始めはダフッて空振りする方も多いですが体幹をしっかりして腕をスムーズに振れば徐々に慣れてきてボールをヒットする事ができます!

スイングプレーンの形成にも役立ちます!

身体を使い過ぎて結局ヘッドスピードが上がらない女性にも効果的!

お試しください!


スポンサードリンク



ワッグル特集④ 手首のエクステンションを感じる(オープントゥクローズ) 

  • 2015年08月27日

今回がワッグル特集の最後です!

今日は、ワッグルでのクラブフェースの開閉を意識してもらいます!

それとともに手首が捻じられる事を理解します!

おもちゃのプロペラの飛行機をイメージしてください!
ゴムを時計回りに回してギリギリまで捻じり、手を離すと逆方向へ勢いよくプロペラが回り飛んでいく飛行機のおもちゃです。

ワッグル時は手首の捻じれを意識します。

クラブフェースが徐々に開いていく

CIMG8174

CIMG8175

手首の捻じれが最大!
CIMG8176

反動でフォローではフェースが閉じる
CIMG8177

実際のテークバックではまだ手首の捻じれは感じられません!ここで手首を捻じるとフェースが開き過ぎてあまり良い結果は得られません!

テークバックでは大きな円を描く ここでフェースは開かない
CIMG8178

テークバック後半からリストコックが開始し、フェースが徐々に開いていきながらオンプレーン上にクラブが上がっていきます!

フェースが開いてオンプレーンにクラブが入る
CIMG8179

トップから切り返しで手首の捻じれは最大となります。

CIMG8180

そして切り返しからフォローにかけて最大にねじれた手首がとき解かれ勢いよくフェースが閉じていきます!

CIMG8181

CIMG8182

このオープンからクローズの動きが捻じられてた手首の動き、シャフトのしなりなど色々なテンションから鋭く行われる事でヘッドスピードが自分の力以上のものを与えてくれるというメカニズムとなります!

この感覚をワッグルで身につけることでフェースローテーションが身に付けましょう!


スポンサードリンク



ワッグル特集③ ワッグルでスイングプレーン形成

  • 2015年08月26日

CIMG8169

今日はワッグルを後方からの映像で説明いたします!

ワッグルを後方から見るとまずシャフトプレーンに沿って動いている事がお分かりになるかと思います!
CIMG8172

CIMG8173
この時、手元が動かずシャフトだけが動いているように見える事が重要です!

ワッグルによりクラブフェースがオープントゥクローズに動き、シャフトのしなる方向を認識することができいます。

ヘッドスピードが上がらない方はこのワッグルを切れ味鋭くしかもプレーン上で行えるようになると一気上がります!

始めはゆったり柔らかいワッグルでウェッジで試し徐々に長いクラブ鋭いワッグルで練習しましょう!

プレーン形成を手元で行い、実際クラブを後方に上げますので目に見えない場所でのスイングプレーンは無意識に行う!!これが重要となります!

目に見えない場所でのスイングプレーンもオンプレーンに
CIMG8169

目で見える場所でのスイングプレーンをオンプレーンにする
CIMG8173

フィニッシュも頭を斜めに横切るのがスイングプレーンに乗っているポイント
CIMG8170


スポンサードリンク