HARADAGOLF レッスン動画チャンネル 左手の片手打ち 左サイドの壁

  • 2016年11月30日

今日は、左腕の片手打ちについてのお話です!


スポンサードリンク





ヘッドスピードを上げるための最後の味付けは、左腕にかかっております!
左手の片手打ちについてもいろいろな視点から説明できますが、今回はヘッドを走らせるという一点に絞った形でお話してみましょう

ポイントは

左サイドの壁

インパクトまでクラブフェースが開いた状態で入っていきそのあとヒットしながらクラブフェースが返っていく!

このローテーションの練習にとても最適なのが左片手打ちになってきます!


 

%e5%b7%a6%e6%89%8b%e3%81%ae%e7%89%87%e6%89%8b%e6%89%93%e3%81%a1

%e5%b7%a6%e6%89%8b%e7%89%87%e6%89%8b%e6%89%93%e3%81%a1%e3%80%80%e8%82%a9%e7%b7%9a%e5%88%86

左手だけでひょいと担ぎ上げるのではなくしっかり肩の線分を回転させながら腕とクラブとの同調を測る


%e5%b7%a6%e6%89%8b%e3%81%ae%e7%89%87%e6%89%8b%e6%89%93%e3%81%a1%ef%bc%92

左ひじを固定した状態でヘッドを走らせる!

%e5%b7%a6%e6%89%8b%e3%81%ae%e7%89%87%e6%89%8b%e6%89%93%e3%81%a1%e3%80%80%e5%a3%81

ここ壁の役割をはたす


 

%e5%b7%a6%e6%89%8b%e3%81%ae%e7%89%87%e6%89%8b%e6%89%93%e3%81%a1%ef%bc%93

前腕のローテーションを意識してボールをとらえる

%e5%b7%a6%e6%89%8b%e3%81%ae%e7%89%87%e6%89%8b%e6%89%93%e3%81%a1%e3%80%80%e6%8d%bb%e3%81%98%e3%82%8c%e6%94%b9

左腕全体が螺旋階段のように捻じれる


 

感覚的にはまず小さいスイングでボールを弾くように

早い段階でクラブフェースを返そうとしてもうまく当てることはできません!

慣れてくれば徐々にフルスイングに近づけてもかまいません!

ある程度スピードをつけてもとらえられるようになれば、スイングにおけるかなりのポイントを抑えていることになります!

根気強く練習してみてください!

HARADAGOLFレッスン動画チャンネルでは、私が日々生徒さんと向き合った質問にお答えしているような動画でございます!
どんどん更新していますし、ブログでも紹介しおりますが、時間差がございます!

すぐに見たい方、見逃したくない方はチャンネル登録よろしくお願いいたします!
%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%83%ab%e7%99%bb%e9%8c%b2

スポンサードリンク



HARADAGOLF 動画レッスンチャンネル 適正なグリッププレッシャー(しなやかで強い腕を手に入れる) 

  • 2016年11月29日

%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%bc%ef%bc%92

今日は、グリッププレッシャーについてです


スポンサードリンク





グリッププレッシャーとは、その名の通りグリップの圧力 握りの強さとなります!

強い握りはいけませんが、かといって柔らかすぎてもいけない

ではどのくらいが良いのかというと!

やはり柔らかすぎても大丈夫!

とにかく強く握らない!

という事になります!

動画では、まず右手と左手の握りの強さの違いを説明しております!

てこの原理からも 支点、力点の観点からも左手のほうが握りが強くなります。要はあくまで左腕!

%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%bc%ef%bc%93

ただ右手よりは左のほうが強いというだけで柔らかいグリップの強さという事に変わりはありません!

次に柔らかさに対してしっかり握らなければならない場所はどこか!

握りというよりは、意識です!

それは両腕になります

手首を柔らかく、そして両腕は固くする!

そんなことができるのでしょうか!?

できます!

イメージ的にそれを可能にする練習法がございます!

それは練習用のボールを腕と腕の間に挟んでボールを打つ練習をすることです!

ただ柔らかく握るだけだとそのボールは、スイング中に落ちてしまいます

ヘッドが走らない方は、この練習が最適!

腕のタイト感!

それでいてグリップの柔らかさ!

この両立を計ることができるのです


 

%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%bc

両腕に挟んだボールを落とさないでボールを弾くように打てれば成功!!

%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%bc%ef%bc%92


 

腕は、しなやかでありそれでいてしっかりとしていること!

それはゴルフシャフトにも言えること

ということは、腕もゴルフシャフトと考えるとわかりやすいと思います!

しっかりとしたシャフトであればタイミングをとりやすい!
それでいて自分のタイミングに合わせたしなりを感じる腕であればそれだけ飛距離も伸ばしやすい!

そんな腕になればそれだけでヘッドスピードが上がることでしょう!

HARADAGOLF動画レッスンチャンネル 次回見逃さないためにもチャンネル登録よろしくお願いいたします!(^^)!

スポンサードリンク



HARADAGOLF レッスン動画チャンネル フォローで飛ばす(先行した下半身を上半身で追い抜くときヘッドスピードが最大になる)

  • 2016年11月28日

今日は、レッスン動画チャンネルのご紹介!

今朝にアップした動画もございますが、先週アップした動画の方からご紹介!

今回はフォローで飛ばす!

よく聞く言葉ではないでしょうか!


スポンサードリンク





しかしどのようなイメージなのか!

というとまず実際にフォローだけ振ってみる練習をしてみましょう!
バックスイングをしてはいけません!
全く反動をつけないでフォローだけ!!
バックスイングの反動がない状態なので上半身から振りぬこうとしてもうまくいきません!!

上半身だけでスイングをしてしまうと身体が左に流れてしまいスピードが出ません!

%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%81%a7%e9%a3%9b%e3%81%b0%e3%81%99%e3%80%80%e4%b8%8a%e5%8d%8a%e8%ba%ab%e3%81%a0%e3%81%91

まず上半身を止めて下半身だけ腰を回して体を捩じります!

%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%81%a7%e9%a3%9b%e3%81%b0%e3%81%99%e3%80%80%e4%b8%8b%e5%8d%8a%e8%ba%ab%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e3%80%80%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%96%e6%8c%81%e3%81%a3%e3%81%a6

その捩じった反動を利用して一気に振り切ります!

下半身が先行していくのでフェースが開いてしまうことを怖がらない!

%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%81%a7%e9%a3%9b%e3%81%b0%e3%81%99%e3%80%80%e4%b8%8b%e5%8d%8a%e8%ba%ab%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%a7%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%81%8c%e9%96%8b

要するにバック側に反動はつけられませんフォロー側に反動はつけるということです

そうするとフォロースルーで音がビュンと少しなると成功!

ドライバーなど長いクラブで練習すると女性でも少しは音が鳴ると思います!

それでもならない場合、シャフトのしなりを感じていない可能性がありますので練習器具をつかっておこないます

それが、elite gripsのワンスピード!

%e3%83%af%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%89

 

%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%81%a7%e9%a3%9b%e3%81%b0%e3%81%99%e3%80%80%e3%83%af%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%89

このシャフトがしなる練習器具で行うとシャフトのしなりを感じてフォローで音が鳴る感覚を理解できます!

では次に実際にフォローでボールを打ってみましょう!

そのため少しバックスイングを行います

このとき下半身はバックスイングにつられて回ってはいけません!

逆にフォロー側に捩じりを入れてバックスイングでは一切回さない!

そうすることで体のねじれがより一層感じることでフォロースルーで鋭い振り抜きを手に入れることができます!

ただ気を付けたいのは、下半身の先行が強すぎて振り遅れてボールが右に出てしまうことが多くなっていきます

下半身リードを行い、そのあと振りぬく瞬間の体幹をしっかり固定して腕が体を追い抜く感覚も重要となります

ベルトの位置くらいまでバックスイングを行う(腰は逆にフォロー方向に捩じる)

%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%81%a7%e9%a3%9b%e3%81%b0%e3%81%99%e3%80%80%e5%ae%9f%e9%9a%9b%e3%81%ab%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%92%e6%89%93%e3%81%a4

振り遅れないように体幹をしっかり

%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%81%a7%e9%a3%9b%e3%81%b0%e3%81%99%e3%80%80%e5%ae%9f%e9%9a%9b%e3%81%ae%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%92%e6%89%93%e3%81%a4%ef%bc%92

鋭く振り抜きフィニッシュはバランスよく!

%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%81%a7%e9%a3%9b%e3%81%b0%e3%81%99%e3%80%80%e5%ae%9f%e9%9a%9b%e3%81%ab%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%92%e6%89%93%e3%81%a4%ef%bc%93

下半身先行の振り遅れた感覚 そして先行した下半身を追い抜くスピード感!

この2つの動きを理解しましょう!

HARADAGOLのYouTubeレッスン動画チャンネルサービス

これからどんどんレッスン動画をアップしていきますので次回見逃さないためにもチャンネル登録よろしくお願いいたします!

スポンサードリンク



昨日は 2016 HARADAGOLF 忘年会

  • 2016年11月27日

 

昨日は、2016 HARADAGOLF の忘年会でした!!

会場は
ススキノにある
Robata炉端 活男にて
img_3057

まずは、生徒さんと今年一年の反省と来年に向けた前向きなお話を沢山聞かせていただきとても有意義に時間を過ごすことができました

img_3062
img_3061
img_3067
img_3066

そして表彰式!

今年の月例会の皆勤賞ということで

¥20000分の商品券

あ!!写真がない(^^;)

そのあとにくじ引き!
景品も豪華にして盛り上がりました(^.^)


スポンサードリンク





そして最後にパター大会!!

商品はなんと!3wでーす!(^^)!

奮発したぞ!!!

普通に打ったら誰でも入るので今私が練習している練習器具を使っての1,5メートルくらいのパットです!

ぜってー入れる!!(なんかボールの位置が変だぞ)

img_3070

あ!プッシュした

img_3072

どれどれ私が入れましょう!

img_3071

あ!引っかけた(^^;)

img_3073

私イライラしてきました!

img_3075

カップイーーーン!おめでとうございます

img_3074

誰も入らない(^^;)
飲みすぎて手元が狂っていると思われる(笑)

一人だけカップインした人がいてその方に贈呈!

ということで1次会終了!

2次会は

バッカスビル3F
朱すずめに会場を移し今年1年3回のHARADA杯ゴルフコンペの上映会!

あ!俺が出てるぞぉ~!みんな注目!!

img_3076

img_3078

img_3077

珍プレイ好プレイを楽しく見ながら楽しいひととき!

そして

仕上げの3次会

私の同級生がやっているお店

キャラウェイ

この辺になると何をしゃべったかあまり記憶にございません!

img_3079

 

ということで

2016

HARADAGOLFのイベント全日程が無事終了いたしました

そして来年に向けた新たなスタートのはじまり!

2017年もいろいろなイベントを考えてまいります!

頑張るぞーー!

てゆうか気持ち悪い!今日はおとなしく寝てます(-_-;)

スポンサードリンク