HARADAGOLF レッスン動画チャンネル 左手の片手打ち 左サイドの壁

  • 2016年11月30日

今日は、左腕の片手打ちについてのお話です!


スポンサードリンク





ヘッドスピードを上げるための最後の味付けは、左腕にかかっております!
左手の片手打ちについてもいろいろな視点から説明できますが、今回はヘッドを走らせるという一点に絞った形でお話してみましょう

ポイントは

左サイドの壁

インパクトまでクラブフェースが開いた状態で入っていきそのあとヒットしながらクラブフェースが返っていく!

このローテーションの練習にとても最適なのが左片手打ちになってきます!


 

%e5%b7%a6%e6%89%8b%e3%81%ae%e7%89%87%e6%89%8b%e6%89%93%e3%81%a1

%e5%b7%a6%e6%89%8b%e7%89%87%e6%89%8b%e6%89%93%e3%81%a1%e3%80%80%e8%82%a9%e7%b7%9a%e5%88%86

左手だけでひょいと担ぎ上げるのではなくしっかり肩の線分を回転させながら腕とクラブとの同調を測る


%e5%b7%a6%e6%89%8b%e3%81%ae%e7%89%87%e6%89%8b%e6%89%93%e3%81%a1%ef%bc%92

左ひじを固定した状態でヘッドを走らせる!

%e5%b7%a6%e6%89%8b%e3%81%ae%e7%89%87%e6%89%8b%e6%89%93%e3%81%a1%e3%80%80%e5%a3%81

ここ壁の役割をはたす


 

%e5%b7%a6%e6%89%8b%e3%81%ae%e7%89%87%e6%89%8b%e6%89%93%e3%81%a1%ef%bc%93

前腕のローテーションを意識してボールをとらえる

%e5%b7%a6%e6%89%8b%e3%81%ae%e7%89%87%e6%89%8b%e6%89%93%e3%81%a1%e3%80%80%e6%8d%bb%e3%81%98%e3%82%8c%e6%94%b9

左腕全体が螺旋階段のように捻じれる


 

感覚的にはまず小さいスイングでボールを弾くように

早い段階でクラブフェースを返そうとしてもうまく当てることはできません!

慣れてくれば徐々にフルスイングに近づけてもかまいません!

ある程度スピードをつけてもとらえられるようになれば、スイングにおけるかなりのポイントを抑えていることになります!

根気強く練習してみてください!

HARADAGOLFレッスン動画チャンネルでは、私が日々生徒さんと向き合った質問にお答えしているような動画でございます!
どんどん更新していますし、ブログでも紹介しおりますが、時間差がございます!

すぐに見たい方、見逃したくない方はチャンネル登録よろしくお願いいたします!
%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%83%ab%e7%99%bb%e9%8c%b2

スポンサードリンク



TOPへ