HARADAGOLF 動画レッスンチャンネル 適正なグリッププレッシャー(しなやかで強い腕を手に入れる) 

  • 2016年11月29日

%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%bc%ef%bc%92

今日は、グリッププレッシャーについてです


スポンサードリンク





グリッププレッシャーとは、その名の通りグリップの圧力 握りの強さとなります!

強い握りはいけませんが、かといって柔らかすぎてもいけない

ではどのくらいが良いのかというと!

やはり柔らかすぎても大丈夫!

とにかく強く握らない!

という事になります!

動画では、まず右手と左手の握りの強さの違いを説明しております!

てこの原理からも 支点、力点の観点からも左手のほうが握りが強くなります。要はあくまで左腕!

%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%bc%ef%bc%93

ただ右手よりは左のほうが強いというだけで柔らかいグリップの強さという事に変わりはありません!

次に柔らかさに対してしっかり握らなければならない場所はどこか!

握りというよりは、意識です!

それは両腕になります

手首を柔らかく、そして両腕は固くする!

そんなことができるのでしょうか!?

できます!

イメージ的にそれを可能にする練習法がございます!

それは練習用のボールを腕と腕の間に挟んでボールを打つ練習をすることです!

ただ柔らかく握るだけだとそのボールは、スイング中に落ちてしまいます

ヘッドが走らない方は、この練習が最適!

腕のタイト感!

それでいてグリップの柔らかさ!

この両立を計ることができるのです


 

%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%bc

両腕に挟んだボールを落とさないでボールを弾くように打てれば成功!!

%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%bc%ef%bc%92


 

腕は、しなやかでありそれでいてしっかりとしていること!

それはゴルフシャフトにも言えること

ということは、腕もゴルフシャフトと考えるとわかりやすいと思います!

しっかりとしたシャフトであればタイミングをとりやすい!
それでいて自分のタイミングに合わせたしなりを感じる腕であればそれだけ飛距離も伸ばしやすい!

そんな腕になればそれだけでヘッドスピードが上がることでしょう!

HARADAGOLF動画レッスンチャンネル 次回見逃さないためにもチャンネル登録よろしくお願いいたします!(^^)!

スポンサードリンク



TOPへ