書籍の紹介 摂津茂和  ゴルフ世界名勝負物語

  • 2015年02月24日

CIMG5688.JPG

10歳のキャディー、エディー・ロワリ―を連れたフランシス・ウィメットの有名な写真
CIMG5689.JPG

今日は簡単に書籍の紹介!
著者 摂津茂和
ゴルフ世界名勝負物語

摂津茂和は、作家でゴルフ史家としての第一人者です。ゴルフ書籍のコレクターとしても世界的に著名で数多くのゴルフのエッセーや歴史書を書いています。

ゴルフの発祥であるマッチプレーでの勝負の駆け引きや、騎士道精神にのっとった1対1の戦いを描いたこのお話はストロークプレー全盛の昨今では描く事が出来ない独特の世界観があります。

ゴルフ・コレクターズ・ソサイティの創立会員である摂津茂和氏は多くの英米の会員間のトレードによって思いがけないほどの古文献が集まり、ようやく必要な資料がそろったので、年来の夢の名勝負物語を描く決心がついたそうです。

その中で大好きなお話を紹介いたします。

1913年、全米オープンで、弱冠20歳の無名アマチュアのフランシス・ウィメットがイギリスのハリー・バードンとテッド・レイと1位をタイし、プレーオフで2人を破って優勝したというお話です。

ただ、上記のことを聞いてもパッ!と来ない方が多いと思いますが、当時アメリカはゴルフ後進国でイギリスから大スターのハリー・バードンとテッド・レイがアメリカの技術向上のため招待されたという事実があります。
そしてこの事を後年アメリカのゴルフ評論家のトム・フラハ―ティーは当時を回想して、
「これは今日アーノルド・パーマーとジャック・二クラウス(今でいうタイガーウッズとフィル・ミケルソン)が、ニューギニヤやサモア島で模範競技をやって土人たちを驚かしたようなもんだ」と話しています。

この無名のアメリカプレーヤー、ウィメットは10歳のおさないキャディーのエディー・ロワリ―とともにたたかい、世にもひたむきな顔をしながら、「しっかり!目をボールからはなさないで!」と助言したするなどその可憐で忠実な献身ぶりは、美談として有名です。

このフランシス・ウィメットの勝利からアメリカの快進撃が始まったと言われています。そしてウォルター・へーゲン、ボビー・ジョーンズの出現でアメリカがイギリスにとって代わりゴルフの王者に輝いたと言われています。


スポンサードリンク



TOPへ