インパクトからフォローでのジャンプ 身体が小さくても飛ばす方法!!

  • 2015年03月02日

今日は、ドライバーショットの飛ばしの方法をご紹介いたします。

身体が小さくてもボールを遠くに飛ばし方の中に、ジャンプを使う方法があります!

バックスイングからトップまでしっかり前傾の角度をキープします。そしてダウンスイングの始めで股関節の角度がより深くなり一番沈みます!!

この沈みが重要で、いわゆる間(マ)と言われる場所となります。
このポジションで股関節に一番パワーが貯まり、このパワーをインパクトぎりぎりまで貯め込み、フォローにかけてジャンプするように伸びあがりながらボールを押していきます。

ダウンの沈みからのジャンプアップ!

逆にダウンで伸びあがってしまうと沈みながらフォローに向かってしまいますので爆発力のあるフォローをとる事ができません。

まずは、股関節を深い角度に保てる強くしなやかな下半身に仕上がる事が重要です!
スイングの中で一番沈んでいる場所!(股関節パワーを貯め込む)
CIMG0127.JPG

貯め込んだパワーを蓄積させながらクラブを引き下ろす
CIMG0128.JPG

沈んだポジションから一気に跳ね上がるようにフォローに向かいます!
CIMG0129.JPG

CIMG0130.JPG

CIMG0131.JPG

そこでジャンプ系のトレーニングもついでにアップしておきます。
これはパワープレートを使ったトレーニングです
しっかり股関節に深い角度をつけてその反動を利用してジャンプします!
角度が浅かったり、タイミングが早かったりするとしっかり飛ぶことはできません。

別にパワープレートの上でなくてもいいのでたまにジャンプする練習をするだけで飛距離アップのトレーニングになります!!
皆さん練習してみてください(^-^)


スポンサードリンク



TOPへ