SKS合同会社にて体幹トレーニングの勉強!

  • 2015年03月02日

今日は、午前中のレッスンを西野ゴルフセンターでこなした後、トレーニングの勉強!!

テーマは体幹!!

上半身と下半身とつなぐ架け橋!

この体幹が弱いと軸の保持が出来ないので、なかなか芯でボールを捉える事ができません!

下半身が強くなっても体幹が弱いと身体が伸びあがってしまい、振り遅れてしまったり上半身と下半身が強くてもそのパワーをつなぐ動力の伝達部分が弱いと結局ヘッドスピードには比例しないし、逆にボールが曲がってしまいます!

トレーニングメニューとしては下半身を鍛えた後、体幹を締めでトレーニング!

上半身を鍛えた後、締めに体幹をトレーニング!

要するに常に体幹は鍛えなければいけないのです!!

鍛える部位は、腹筋!背筋!そして上肢や下肢を使って連動性を鍛えます!

腹筋は、お腹の上下に長く伸びてついている大きな筋肉です。

ヘソの上、ヘソの下、横っ腹など大きな筋肉なので色々な方法でトレーニングします。

そして背中は反ってみたり、捻じってみたりと背中もいろいろな鍛え方があります。

そしてブリッジ!姿勢保持をしながら全体の連動性、そしてバランスをトレーニングします。

皆さんがイメージしている腹筋トレーニングは、私たちがやる腹筋トレーニングとでは似て非なる物!

なぜかといいますと、基本的にこのトレーニングは反動をつけないという事!

ゆっくりとそして正確に、しかも反動をつけないでやる腹筋トレーニングは、私でも10~20回やれば脂汗がでてきます!

そして今日は、体幹のトレーニングの最後に連動性を出すトレーニングをアップします。

お腹や背中を反ってみたり、縮ませたりしながらバランス感覚も養えます。

CIMG0133.JPG

CIMG0134.JPG

CIMG0135.JPG
腹筋や背中を刺激する体幹トレーニングの後、ボールを打つと腹圧がかかっていて身体の捻じれに対して身体が伸びあがらないのでボールがよく飛びます!

皆さん、お試しください!!


スポンサードリンク



TOPへ