植苗カントリークラブにてラウンドレッスン

  • 2015年03月02日

写真 (76).JPG

今日は、植苗にてラウンドレッスン!

マンツーマンのレッスンです!!

今日参加の生徒さんは、大体90台でまわる腕前!
しかし80台でまわらなければもう納得いかなくなっております!!

それもそのはず!!

ショットの内容ではもう80台でまわれそうな腕前なのです。

では今日のラウンドでのテーマは、オフェンスとディフェンスです!

ただ英語で言っただけではありますが、攻めと守りでございます!

90台までのラウンドでは守りだけでもまわる事が出来ます!!

しかし90の壁を壊し80台でまわる為には、攻めも重要になってきます。

たとえば、守りの場合180ヤードでも得意な7Iで打てば、のこり30~20ヤード残ります。

それをアプローチでグリーンに乗せてボギーで納める事が出来ます。

しかし、攻めの場合、180ヤードをユーティリティーや5Iなどでグリーンに乗せる事を前提に打っていくのです。

180ヤードという難しい距離を7番で届かなくてもいいと思いながら打つシュチュエーションと5番やユーティリティーで乗せよう(届かせよう)とする攻めの姿勢とでは心理状況がまるで変わるのです!!

そのほかにもPAR5にてセカンドで3wを握るか5Iで刻むか!!
これも攻めと守りとなるでしょう!

この攻めの心理状況で、ゴルフをしていく姿勢こそが80台やハーフ30台でラウンドする為に必要です!!

しかしながらただ攻めて良いというのではありません!!

攻めはあくまでフェアウェイや状況として打てそうなライである場合に限ります。

ドライバーが曲がったり、ラフだったり、傾斜がきつかったりした場合は、守りの姿勢を貫きチャンスが来たら攻める!!

攻めと守りの使い分け!!

これが80台で回る為には重要になっていくのです!!
そしてこれこそが、コースマネジメントといわれるものでございます!!

このコースマネージメントは、徐々にラウンドしながら失敗と成功を重ねながら理解していくものです。

攻めや勇気が無茶や無謀にならず

守りが臆病やおじけずいてはいけないのです!!

自分の力を信じ、新たなチャレンジをして秋のゴルフはベストスコアを更新を狙いましょう!!

コースマネジメントをより知りたい方はラウンドレッスンにて承っております!!


スポンサードリンク



TOPへ