股関節と肩甲骨の連動ドリル

  • 2015年03月02日

今日は、股関節と肩甲骨の連動ドリルのご紹介!

ゴルフの飛ばしは、股関節から体幹そして肩甲骨とパワーの連動を円滑に行う事で生まれます!

連動性を高め、滑らかなスイングをするためのドリル!

タオルの両端をもって動かない柱か何かに括り付けます。

股関節の前後の入れ替えに合わせて肩甲骨が前後に入れ替わることを感じてください。

この動きをスイングに組み込みます。

特に飛ばしで重要なのは、アドレス時のタオルの位置関係です!

右腕が長く左腕が短い状態で構えれば構えるほど飛ばしのアドレスとなります。
ようはハンドレイトの状態です。

CIMG0686.JPG
この状態は、右広背筋がストレッチされ綱引きで言うといまから引っ張る前に体重を乗せている状態と酷似します。
CIMG0690.JPG

そこからトップでは、左サイドが下に、右サイドが上に引っ張られます。この状態がトップの位置という事になります。
CIMG0691 (2).JPG

CIMG0687.JPG
そしてダウンスイングではその逆で左脚の踏み込みで上半身の位置関係は逆転します。
CIMG0688.JPG
実際のスイングでは、MAXでシャフトにプレッシャーがかかる最大の見せ場となります。
CIMG0692.JPG

そしてフォローでは、右サイドが下に伸び、左サイドが上方向に引きあがります。
CIMG0693.JPG

CIMG0689.JPG

この上下の動きを理解し、股関節、肩甲骨の動きを理解する事で来年は飛ばしに目覚めましょう!!
後の詳細はHARADA GOLFまで(^◇^)


スポンサードリンク



TOPへ