ふにゃふにゃシャフトでシャフトのしなりを理解する

  • 2015年03月02日

今日は、シャフトのしなりを理解するドリルのご紹介です。

ゴルフクラブのしなりを感じることができるとダウンスイング時のタイミングを合わせる事ができるので飛距離アップにつながり、しかもリピータブルなスイングを体得する事が出来ます。

練習方法は簡単!
フニャフニャのシャフト(タオルの先を結んでヘッドの重りのようにして代用)で連続素振りをするだけでOK。

このスイングでは、手先を使ってはいけません。そのために腕と腕の間にボールを挟み三角形を崩さずにハーフスイングから始めます。

徐々に、大きく大きくしていき、フルスイングを行います。

ポイントは、トップに入る前にダウンスイングの準備を行い、
フィニッシュに入る前にテークバックの準備を始める。

常に先、先をイメージし流れ、リズム、テンポを意識します。

体重移動や腰の切れなど下半身の動きにも留意し、滑らかなスイングを目指します!!

CIMG0711.JPG

CIMG0712.JPG

ここが一番シャフトのしなりを感じる
CIMG0713.JPG

シャフトのしなりを保持する
CIMG0714.JPG

CIMG0715.JPG

CIMG0716.JPG


スポンサードリンク



TOPへ