アイアンショット 体幹&上肢の動き ズームアップ

  • 2015年03月02日

前回、下半身中心の映像でアイアンショットをアップしましたが今回は、上半身の動きのご紹介!

下半身の大きな筋肉を使い、回転の速度を上げてその力を末端のクラブヘッドに伝える!という事でいえば下半身がパワーの源であることは確か!

しかしどんなにパワーがあってもそれを上半身そして末端のクラブヘッドに伝える能力がなければ飛距離やミート率がアップしません!

力を伝える伝達で重要なのが体幹、そして腕や肩甲骨周りが柔らかくそして強くなければ体幹から伝わったパワーをもらいボールに伝えることはできません。

トップでは高く腕が上がり、その腕の勢いを体幹でしっかり受け止め前傾角度をしっかりキープ!
CIMG1077.JPG

下半身が逆方向に捻じり戻し、上半身はまだ開かない事でボール方向にパワーが向かいます!
上半身と下半身の捻じれはMAXとなります!

CIMG1078.JPG

体幹部の安定、腹圧がここで抜けると前傾角度がほどけ身体が起き上がり下半身の力をボールに伝えられない!
右肘は身体の近くを通り、できるだけ曲がった状態を保つ!!

CIMG1079.JPG

アイアンショットはここで身体が伸びあがってはいけません!前傾角度のキープ、腹筋の収縮を最大にして、クラブヘッドを下に押し込みターフを削り取ります!

CIMG1080.JPG

フォロースル―まで油断はせず、体幹部を意識して腕を振る!
CIMG1081.JPG

上半身と下半身、そしてそれをつなぐ伝達の役割である体幹部!
その全てが重要となってきます!!
オフである今こそトレーニングでございます!!


スポンサードリンク



TOPへ