右肘の位置のチェック ロングアイアン

  • 2015年03月02日

今日は、ロングアイアン(3I)でのスローモーションスイングをアップします!

ロングアイアンを上手く打ちこなすためには入射角を緩やかにしてインサイドからヒットしなければなりません!

そのためには右肘が身体の近くを通りながら降りていくダウンスイングが理想となります!

一般ゴルファーの場合、ダウンスイングに入っていく過程で肘が外回りしてアウトサイドから降りてきて右肘が伸びた状態でインパクトを迎える方が多くそれだとアウトサイドインになり引っかけやスライスが多発し、そもそもヘッドスピードが上がりません!

気をつける点としましたは、下半身からリードしてクラブをインサイドからアタックすることに留意します

そしてインパクトではまだ右肘が少し曲がった状態、そしてインパクト後もほんの少しまだ曲がったままの状態
ボールが飛び出しながら右肘が伸びていくというスタイルが理想となります!

トップオブスイングでは高い位置
CIMG2249.JPG

オンプレーンで入っていく右肘は右腰のあたりを指す
CIMG2250.JPG

右手首とシャフトの角度がまだキープ!
CIMG2251.JPG

インパクトでもまだ右肘は曲がったままが理想
CIMG2252.JPG

重いものを押そうとする時、両腕が伸びている状態より少し身体に近い位置で曲がっている状態の方が押せるでしょう!

それと同じでインパクトからフォローでボールを押す動きが重要です!


スポンサードリンク



TOPへ