HARADAGOLF12月特集 あばら骨付近から切り返す② 地面を見つめない素振り

  • 2015年03月02日

今日は、12月特集という事で横から観たスイングでご説明いたします!

胸椎と体幹のジョイント部分が引きちぎられるイメージ
CIMG2545.JPG

腕は鋭く振り抜かれ高い位置へ!
CIMG2544.JPG
トップからの切り返しであばら付近から切り返すためには、まずボールを強く見つめてはいけません!

ボールをよく観ながらインパクトをしましょう!などという決まり文句がありますが、このキーワードがゴルフの切り返しをスムーズにできなくしているように思われます!

素振りではまずターゲットを観て切り返してみましょう!

あっち向いてホイ!のほうが鋭くスイングできる!
CIMG2546.JPG
そうすると胸椎が鋭く回転して腕がしっかり振り抜けます!

ボールを見過ぎると首や肩が硬直してしまい胸を鋭く回転する事ができません!

実際にボールを打つ時も、切り返しからはボールを強くみるのではなく鋭くあばら付近から切り返しヘッドアップのイメージでいいので回転を重視してみてください!

鋭い回転によりクラブが大きく左へ振り抜かれる!
CIMG2547.JPG

そして高い位置へクラブが放り出される
CIMG2548.JPG

アバラ骨付近の動きがよくなるとフィニッシュは右耳から左耳へ貫かれるようにシャフトが収まる
CIMG2550.JPG

あばら付近の動きをよくするトレーニング

素振りではボールを見ないで空中を振るイメージ!
これを実践する事でアバラ骨付近の動きが良くなりヘッドスピードも上がり胸椎が鋭く回転いたします!

次回は脚から体幹、そしてアバラ骨付近という連動性についてお話を進めてまいります!


スポンサードリンク



TOPへ