ゼクシオフォージド DW

  • 2015年03月02日

ゼクシオフォージドDW
CIMG7723.JPG

今日はゼクシオ フォージド ドライバーの紹介をさせていただきます。

ご説明するポイントを4つに絞りたいと思います。

1、コンデンスドフェース

フェース面に突起を配した状態で成形し、鍛造することで強度が4%アップする事により、従来のモデルより薄肉部を拡大し、スイートエリアが110%、他社A比118%アップ
ゼクシオ フォージド フェース面.jpg

2、ケミカルミーリング

ゼクシオ フォージド ヘッド形状.jpg

3、上級者好みの心地良い低めの打球音を生み出す
  「新・サウンドリブ構造」
クラウン部をケミカルミーリング&ソール部を薄肉エリアをトゥ側に拡大により
ヘッド固有振動数を低くすることで上級者が好むやや低めの打球音にする事に成功!!

4、ツアープロにも高評価の最新シャフト
  「ツアーAD GT6」を標準装備
ツアーAD GT.jpg

さあ!!現物を見なくてもこれだけの性能を見せられると試打したくなりますね!!

試打クラブを提供できるようになりましたらまたご報告します!!


スポンサードリンク



TOPへ