身体の開きを抑えるドリル クロスハンドグリップスイング

  • 2015年03月02日

今日は身体の開きが早くスライス、トップなどのミスに多い方に対して効果的な練習法をご紹介いたします。

通常、左手を握ってその上に右手を握るという手順をとりますが、それを逆にして握ります。
このドリルのポイントは、左肩の開きを抑える事が重要になります。
身体の開きが早いアウトサイドインのスイングだとボールに届かずトップやスライス、最悪の場合は空振りまであります。l

トップから下半身リードで左肩を開かず、インサイドからボールに向かい最後に右手を使ってボールをヒットするスイングをこのクロスハンドグリップで理解する事が出来ます。

初めはハーフスイングで調子をつかみ、当たり始めたらフルスイングでボールを捉えてみましょう。
このグリップで捉まえたボールを打つには相当練習が必要でございます。
スライスに悩んでいたり、体の開きが早い方にお勧めのドリルです。
右手から握る
CIMG8489.JPG

クロスハンドグリップ
CIMG8490.JPG

トップの形では通常のグリップより左肩が入りやすい
CIMG8491.JPG

左肩の開きを抑える
CIMG8492.JPG

インパクトでも左肩は開かず、それでいて腰は回転している
CIMG8493.JPG

フォローでは肘が後ろに抜けないので縦に振り切る事が出来る
CIMG8494.JPG

ちなみに今日の私は半そで姿ですが、МRゴルフセンターはこんな寒い季節でも夏の格好で練習できるくらい暖かいです。
夏涼しく、冬暖かいという最高の環境を整えている練習場МRゴルフセンターでいつでもお待ちしております。
(太平、西野ゴルフセンターでも、もちろんお待ちしております)


スポンサードリンク



TOPへ