ボールの打ち分け ドローボール

  • 2015年03月02日

今日は、昨日のフェードにつづきましてドローボールの打ち方です。

ドローボールの場合、インサイドからボールをアタックしなければいけませんので、ボールの位置をやや右よりにする事から始めます。

そしてハンドファーストの状態を作り、ややフェースが開いた状態を作ります。

スタンスはスクェアかややクローズにして、インサイドからアウトへのスイング軌道で振り抜きます。

ボールポジションがやや右寄りなので身体が開いたり、突っ込んだりするとインパクトで詰まってプッシュボールが出てしまう事があるので気をつけてください!

フィニッシュのポジションはフェースローテーションが入りますのでしっかり身体に巻きつきます。

アウトサイドインがきつい方などはボールのポジションを右に置いてスイングするとインサイドから入れる意識が持てるのでおススメです。

お試しください!

ドローはしっかり身体に巻きつき縦気味に収まる
CIMG8791.JPG

フェードはシャフトが横に収まる
CIMG8789.JPG

ドロー系のスイング終了後のボールを追う姿勢
CIMG8792.JPG

フェード系のスイングの終了後のボールを追う姿勢
CIMG8790.JPG


スポンサードリンク



TOPへ