夕暮れ9ホールラウンドレッスン

  • 2015年03月02日

午前中はエムアールゴルフセンターでレッスン
写真 (29).JPG

バンカー越えのアプローチのレッスン
写真 (28).JPG

上り傾斜から転がしのアプローチのレッスン
写真 (27).JPG

今日は、夕暮れ9ホールラウンドレッスンでした。

午前中は、エムアールゴルフセンターでレッスンをして午後からシェークスピアカントリークラブにてラウンドレッスンというスケジュールです。

今日のラウンドの参加者は、皆さん発展途上のこれからのゴルファーたちです!!

基本のアプローチとパッティングをラウンド前の練習グリーンでみっちり2時間ほどレッスンして
さぁ!!待ちに待ったラウンドです!!

今回のアプローチのポイントは、新鮮な映像を常にインプットして打つという事!!

アプローチやパッティングにおいて、一番重要なのは距離感です。

そしてその距離感は目から得る情報であるという事!!

目で見て、アドレスして打つ!
こと単純な事でございます!

しかし、実際は目で目標を見て
ボールを見て素振りをして!

ボールを見て!素振りをして

ボールを見て!アドレスして

ボールをにらみつけて!

そして最後にボールを打つ!!

何か変ですね!!

目標を見て打つというよりはボールを見て打つ!!
ということになってませんか?

そう!!

アプローチで距離感が出ない方は、ボールを見過ぎているのです!!

ボールを見て打つこと自体間違いではありません!!

しかし、プレショットルーティーンにおいてまず目標を見ながら素振りをして、ターゲットマインドを高めいざ打つ時ボールをにらみつけて目標の新鮮な映像が徐々に劣化し、ただボールを打つという事に没頭してしまう!!

目標を見た素振りなどプレショットルーティーンが形骸化してしまっているパターンが多いと思われます。

今日のレッスンではここを重点的にレッスンしました。
目標を見て、素振りをして、アドレスをして目標を見て、ボールを見て、目標を見て、ボールを見た瞬間すぐに打つ!!

目標を見てその後、ボールを見る瞬間、目標の映像が消える刹那!この瞬間にボールを打つのです!!
映像が新鮮に脳裏に刻まれている時こそ、一番アプローチの距離感が出る瞬間でございます!!

眼球のふるえ、新鮮な映像こそが身体を生き生きと動かしてくれるのです。

一点を見つめてみてください!脳が停止して、身体がボ―ッとなると思いませんか?

皆さんお試しください(^-^)


スポンサードリンク



TOPへ