ハーフウェイダウンの理想形

  • 2015年03月02日

重心を下げてインサイドからシャフトを引き下ろす
CIMG9972.JPG

実際のスイングでは重心が高い!!(ToT)/~~~
CIMG9973.JPG

グリップエンドが膝下のラインまで下げる!
CIMG9974.JPG

実際のスイングではグリップエンドがまだまだ高い!!(>_<)
CIMG9975.JPG

今日は、ハーフウェイダウンの理想の形をお話しいたしましょう!

ハーフウェイダウンとは、ダウンスイング後半の形の名称でございます。

この形で重要なポイントは3つ

1、身体を開かない(特に左肩)
2、腰は若干スライドさせてアドレスの位置まで腰を切る(ここはスライドだけで腰は回転しないという理論もあります)

3、手首の角度をキープする(コックの角度)

この三つのポイントを抑えればまず合格点!!

しかし、ボールをより遠くにそして正確に飛ばすための要素はあと2つあります!!

4、股関節の角度をより深くして重心を下げる(ハム&お尻の筋肉を総動員させてそのあとの爆発的インパクトにそなえる)

5、重心を下げる事でグリップエンドが膝下まで引き下げる!!(通常ここまで下げればダフッてしまうがコックをためてフォローで爆発させれればダフることはない)

4と5は、通常レッスンではあまりレクチャーすることはございませんが、上級者の方にはより効率的なインパクトを求めているのでこの動きが必須となります!


スポンサードリンク



TOPへ