夕暮れ9ホールラウンドレッスン

  • 2015年03月02日

プレショットルーティーンをティーグラウンドで練習!
写真 (44).JPG

昨日は、9ホールラウンドレッスンでした!

スタート当時はまだ良かった天気がどんどん曇っていき後半には本降りの雨が降ってしまいました!!

今日のポイントは、プレショットルーティーン!

参加者のほとんどがゴルフをこれから始めるゴルファーの卵!

プレショットルーティーンとは何か!!

名前の通り、プレ(~の前)ショット(打つ)ル―ティーン(順序)
ですので打つ前の順序という直訳となります。

ですのでラウンドを円滑に進めるうえで(スロープレーを直す)決断を早めプレーファストになる為に必須となるのがプレショットルーティーンとなるのです。

ゴルフは、監督と選手を兼任するスポーツ。
自分の心の中に、冷静なそして老練な監督とそしてその監督に従う選手を作り、自分のプレショットルーティーン時に監督と選手を対話させます。
風やレイアウトを見ながら戦略を考えその戦略に対してどのような球筋で攻めるか!
そして対話は常にプレーをしていないプレショットルーティーン時に行う事が重要です。
インプレーの時に監督が首を突っ込んだり、プレー前に選手の感覚に丸投げする監督もいただけません!!

ボールの後ろに立ち、しっかり監督と選手が対話をし、選手に決断をさせ、プレーに入りアドレスには言ったらその決断を変えず自分とそして監督を信じ迷わず振り切る!!

このやりとりがプレー前(ボールの後ろに立ちターゲットを見定め素振りをしている時)とプレー中(ボールを打つアドレスに入った時)でのメリハリが重要です。

この思考と決断を円滑にし、スムーズにラウンドが出来るとプロゴルファーがよく言う「ゾーンに入る」という事が理解できるかと思います。

皆さんお試しください!!


スポンサードリンク



TOPへ