スイングチェックのコツは

  • 2015年04月19日

ゴルフスイングを毎日のように診断しアドバイスをするのが私の仕事でございます

その中でどのようにポイントを絞って助言をするのか!

そこにはコツがあります!

そのコツとは、一歩前の動きを探るという事です!

ゴルフは高速な中で事が進ます!
自分がこうしたい!!ああしたい!と思っている間にもうスイングは終わっている事がほとんど!

ということを踏まえると
トップオブスイングはインパクトの鏡

そしてインパクトはフィニッシュの鏡となるのです

自分でトップオブスイングだと思っている時にはもうインパクト
そしてインパクトと思っている時はもうフィニッシュなのです。

ですので私たちレッスンプロは一歩前の過去の動きのチェックをすることでその先の動きを正しい動きに導き出す!

そしてプレーヤーは一歩先のポジションを意識する事で正しいポジションを導き出す!

インパクトのイメージを強く思い描くようにトップの位置を意識する!

トップの位置と思っている時にはもうダウンスイングの準備に入る!

いいフィニッシュをイメージしてインパクトに入る!

という風な感じです!
あまり過去の動きにとらわれてはなりません!

プレーヤーは一歩未来の動きを意識し、レッスンプロは一歩過去の動きからスイングをひも解く!

この共同作業がレッスン時のスイングチェックのコツとなります!

そしてプレーヤーとレッスンプロの見方の違いはここにあるのです

今回はフィニッシュで制止するスイングを試みました!
しかも淀みなくそれでいてMAXのスピードで振ります!
どのようにインパクトを迎えるかがバランスのとれたフィニッシュを生みます
CIMG2237.JPG

テークバックからフィニッシュまで いやアドレスからフィニッシュまで いやプリショットルーティーンからフィニッシュまでが繋がっていると考えるとスイングは打つ前からすでに決まっていると考えてもいいのかもしれません!


スポンサードリンク



TOPへ