腕の振りを抑えて体幹だけで打つドライバーショット 

  • 2015年04月19日

今日は、ドライバーのライン出しのスイングについて解説!

腕の振りを抑えた体幹を使ったフォローを用いたボディ―ターンスイングということになります

鋭い腕の振りは素早いヘッドスピードを生み、ボールを遠くに飛ばす重要なファクターとなりますがそれが仇となりボールの曲がりも助長します!

ドラコンなどボールを遠くに飛ばすだけの競技ですとそれでも大丈夫ですが常にフェアウェイをキープしなければならない競技ゴルファーには腕の振りだけのスイングおすすめしません!

グリーンに乗せ距離を合わせるアイアンのスイングでは、このライン出しは必須でございますがドライバーではある程度技術とパワーがいるので限られた方になるかもしれません

打ち方はフォローでフェースローテーションを抑えて振る事
IMG_6586.PNG

フェースの返りを抑えて押しだす
IMG_6575.PNG

身体の回転を止めない!
IMG_6588.PNG

そのため下半身からリードをしながら切り返し腕が鞭のように遅れてくることでインサイドからクラブが入っていくこと(これができないと何なるカット打ちになり飛距離が極端に落ちてしまう)

腕が遅れるように上半身はリラックス
IMG_6587.PNG

右肩が下がらないように体幹をしっかり使う!
IMG_6577.PNG

フィニッシュは最後まで振り切らずターゲットに押しだした感じで終了

IMG_6589.PNG

IMG_6590.PNG

腕を振る事を極力抑えて鋭い身体のキレのみで飛距離を出していくトレーニングは遠くに飛ばしたい方、方向性を高めたい方、双方におすすめします!!


スポンサードリンク



TOPへ