ロングアイアンの練習 その③ 右ひざのスウェイを抑えてトップの位置を収める

  • 2015年04月19日

今日は、ロングアイアンの練習の締めです!

ロングアイアンの練習をする事で、まずはボールの上がり具合をよく見ます!
高弾道でボールを飛ばすためには、ある程度のバックスピンが必要となります!

ただ単にスイング軌道をアッパーにしただけではスピン量を上げる事ができずロングアイアンでは遠くにボールを運べません!
今のボールはスピンがあまりかからないようにできているからです!
ロングアイアンでスピンをかけていくためにはある程度のヘッドスピードと最適なヘッドの入射角を必要です
低く打ち出し徐々に上がっていくようなボールをイメージしてください
軌道的にはレベルブローで横から叩く感覚となります!

クラブを下からではなく横から入れるイメージ
CIMG2806.JPG

必要なポイントはバックスイング時の右へのスウェイ!
私は若干右へスウェイが強い傾向があり、身体の捻じれが弱い時があります!
しっかり右ひざでスウェイをブロックして身体を捻じっていきます!

右ひざでクラブを勢いをしっかりブロック
CIMG2798.JPG

CIMG2799.JPG

右サイドがしっかりブロックされるとトップでクラブが収まり、一呼吸の間(ま)が生まれます!

この間(ま)が、切り返しのタメを生み出しインパクト付近のレベルの入射角を可能とします。


スポンサードリンク



TOPへ