オークウッドゴルフクラブでラウンド ティーショットの基本

  • 2015年06月02日

昨日はオークウッドゴルフクラブにお邪魔してラウンドをしてきました!

 

そしてオークウッドゴルフクラブは、今年のHARADAGOLFのメインイベントでもある記念コンペの舞台でもあります!

 

今日はティーショットのポイントをお話いたします

まず基本はとにかくアドレス

身体の向きがどこに向いているか!ここが最重要チェックポイントとなります。

どんなに正しいスイングでも肩のラインが違う方向を向いていれば自分のイメージしているボールを打つことはできません!

 

しっかり肩のラインをターゲットに対して平行にすること!

このアライメントに留意することがまずは大事!

 

そして次にどの場所にティーを刺して打つか!

そのポジショニングが重要となります

私の場合ややドロー系の球筋で攻めていきますのでティインググラウンドの右サイドに刺す事が多くなります!

右サイドからドローでフェアウェイをキープする!

ティーインググラウンドのどの場所でボールを打つかというのはプレーヤー自身が決める事ができるのでそこら辺も戦略の一つとして考えなければなりません!

 

そして最後にボールを打つ前の動作としてアドレスでの身体の揺らぎとワッグル!

身体のリラックス的要素とこれからボールを打つための予備動作です

体重移動、リストコック、フェースの向き、リズム、タイミング、等の事柄を身体を軽く揺さぶりながら確認します。

そして実際のスイングに入ったらあまりメカニカルなことは考えずバランスだけを考えて振り抜きます!

CIMG7496

実際のラウンドではプレーの流れ、コース取り、身体の向きなどを特に気をつけてスイングする時に技術をあれこれ考えない事をお勧めします!


スポンサードリンク


 

 


TOPへ