フェアウェイキープのドライバーと遠くに飛ばすドライバーの違い

  • 2015年06月05日

ゴルフの最も有名な格言にこのような言葉があります!
FAR&SURE
より遠くに! より正確に!

ゴルフとはその2つを両立しなければなりません!

そして私が参加しているドラコン競技と実際のゴルフでのドライバーショットとは根本から変わってきます!

ドラコン的スイングの場合、6球のうち1球がフェアウェイに入ればOK!そしてその1球が最も飛んでいれば勝つ事ができます!

競技ゴルフの場合は、これとは異なります!
レイアウトを考え次のセカンドショットに対してどこから打てば良いか判断し飛距離より方向性が重要!

おのずとスイング自体に変化が出てきます!

より遠くに!のみを追求するドラコン競技の場合のスイングは、ティーを高くしてややアッパー気味にボールを捉え高弾道で最大飛距離を狙う!

タメを最大にして
CIMG3090

アッパーに振り抜く
CIMG3091

そしてより正確に! を追求する競技ゴルフのスイングは、ティーを低めにしてレベルブローかややダウンブローに近い入射角でボールを下に押すように打つ!

コンパクトなトップ
CIMG7499

CIMG7500

上体を抑え込んでボールをやや上からインパクト
CIMG7501

ボールを低く押し込む
CIMG7502

低く長いフォロー
CIMG7503

飛んだボールをを追っかけるようにフィニッシュへ向かう
CIMG7504

CIMG7505

コンスタントにフェアウェイの中に入れるスイングの場合、ややアイアンの延長というスタイルでのスイングが重要となります!

この飛距離と方向性の2つの両立がゴルフ最大の課題!

ただ来週はドラコンの競技がありますのでとにかく方向性を忘れて飛距離を求めて練習していきます(^-^)


スポンサードリンク



TOPへ