ドローボールで右ドックレッグのコースを攻める

  • 2015年06月21日

今日はドローボールのコース上での攻め方についてです。

私がゴルフを始めてまずスライスから始まり上級者がコースではボールが左へ曲がるドロー系のボールをいとも簡単に打っている姿に憧れを抱いていた事を覚えております

まずは狙いかた!!

曲がり幅を計算に入れてティーインググラウンドのどこにティアップするかを決めます!

そして球筋をイメージする時、クラブがボールの内側から外に向かって抜けていく感覚を意識します。

アウトサイドインではドローではなくカットになるので必ずフェードになってしまいます。

打つ前の素振りで左肩の回転をスムーズにしてインサイドからクラブが入るイメージを作ります

ドロー系のスイングの場合、積極的にローテーションが行われますがあまり右手を使い過ぎると早めに手が返ってしまい引っかけやアウトサイドインになり結局スライスになる事があるので左腕のリストターンをイメージすると感覚が掴みやすいでしょう!

テークバックでまず背中をターゲット方向に向けるイメージ
CIMG7624

トップに入る前に身体の捻じれは完成!
CIMG7625

CIMG7626

インサイドからクラブが入っていく
CIMG7627

腰は開いても左肩は開かない
CIMG7628

クラブフェースは積極的に左を向く
CIMG7629

クラブは左へ抜けながら高い位置へ
CIMG7630

CIMG7631


スポンサードリンク



TOPへ