ギリギリのクラブでしっかり打つか ゆとりのあるクラブでゆっくり打つ

  • 2015年07月29日

今日は、戦略レベルのお話!

アイアンショットでグリーンを狙う時の距離感は、いつも悩むところと思われます!

まずなんとなく自分のアイアンの距離を把握します!

そしてその番手間の隙間の距離というのが発生します!
その間をどのようにしていくかが重要となります!

やや短めのクラブでしっかり打つか
やや大きめのクラブでコントロールをして打つか!

この2つに選択されると思われます!

ギリギリのクラブを選択する場合、少し力が入る場合があるのでショートアイアンの場合はややつかまり過ぎる傾向を配慮した方が良いかと思われます!
ということは少し右サイドからドロー系で攻める!
ショートアイアンは普通に打つとドロー系になる傾向 

通常で打つとオーバーするクラブでコントロールする場合、まず短めに持つ!
手首を固めてクラブシャフトと腕を一本化させてライン出し
スリークォーター気味で振り幅のコントロール
あとはややカット目にスイングしてフェードのスピンをかける!(これは難しいけど簡単にできる人もいる)

ヘッドスピードをゆっくりしてコントロールする打ち方はお勧めしません!難し過ぎます!

今回の映像は、182ヤードの奥目にピンが切ってある状態!(距離的には180ヤード丁度くらい)
風が無風なので7アイアンできっちり打ってみましたが、上記の傾向通りドローを計算しましたが出球は良かったのですがそのあと左へ曲がってしまいましたがギリギリ左に乗りました!

調子のよい時はアイアンはどんどん飛んでいく事があります!そんなときは番手ギリギリを選択したり、一つ短めでしっかり打つ!

調子が悪い時は、簡単に届くクラブでコントロールして打つ!

一つのクラブにて

思いっきり打つ
短めにグリップして思い切り打つ
右に置いて被せて打つ(ショートアイアンまで限定)
スリークォーターでコントロール
カット系で打つ
左に置いてやや高い球
などなど自分の工夫で色々な距離のボールを打つ事が可能となります!

自分の調子に合わせて色々な戦略を練りその戦略から戦術が生まれていきます。


スポンサードリンク



TOPへ