入射角を緩やかにするトレーニング② フェースローテーション 

  • 2015年08月13日

今日も実戦での戦術のカードとしてティショットでスプーンなどのフェアウェイウッドを使えるようになる為の練習として、そして入射角度を緩やかにすることでドライバーやアイアンショットでの距離のばらつきを抑える事に繋がる大事な練習のご紹介!

といいましても前回同様のスイングをスローモーションにてご紹介するだけでございます!

ティーアップを最大まで上げて、アッパーブローに打つのではなくレベルにクラブを入れてやや低いボールを打つという練習をスプーンを用いて行う事!
これが前回のスイングのテーマでございます。

腕で叩き下ろしながら上からクラブを入れるとどうしてもボールの下にクラブが入り込んでテンプラになってしまいます。

ティーアップを最大まで上げて
CIMG8069

切り返しで胸はまだ右を向いたまま!
CIMG8070

クラブがスイングプレーン上を降りてくるように!
CIMG8071

緩やかな軌道を覚える為にはインサイドイン軌道を覚えなければなりません!

インサイドイン軌道というのは、180度のフェースローテーションを覚えることを意味します!

クラブをインサイドからやや開いてインパクトゾーンに向かい、ボールをヒットしながら徐々に閉じていくスタイルです。

インサイドからフェースが開いたままでインパクトへ向かう!
CIMG8072

ティーを叩かずレベルブローでインパクト
CIMG8073

フェースはもう閉じ始めることで出球を低くコントロール
CIMG8074

この動きを理解すると打撃角度は大幅に改善されます!

フェースが動かないでぶつけるように閉じたままでインパクトゾーンに向かうとどうしても上からクラブが入ってしまいテンプラになってしまいます!

フェースが開いているイメージというのがどうしても怖い方は、ハーフスイングでインサイドからクラブを入れて徐々に閉じていく感覚を養ってください!
そうすればフェースが閉じながらインパクトを迎える事ができるのでボールが低く飛び出し出球をコントロールする事ができます!

フォロースルーは低く
CIMG8075

CIMG8076

CIMG8077

バランス良くフィニッシュ!
CIMG8078

とにかくスプーンで出球を低くコントロールしたボールが打てればもう鬼に金棒!!

フェアウェイキープは間違いなしでございます!


スポンサードリンク



TOPへ