HARADAGOLF月例ラウンド研修会IN千歳空港カントリークラブ

  • 2015年09月10日

昨日はHARADAGOLF月例会です!

場所は千歳空港カントリークラブ

11名が参加してくれました。

さあ!!皆さんガンバロー!
IMG_8363

ちょい悪おじさん
IMG_8356

両手に花!
IMG_8360

おしゃれなゴルフウェア!!
IMG_8358

今時期は、やはりラフがきつくフェアウェイをキープできていないとなかなかボールをコントロールするのは難しそうでした!

そこでラフに入ったボールに置いて注意点を4つあげてみました!

1、フライヤーの計算

これはある程度力のある男子プレーヤーに限られますが、ボールをヒットした時ラフとボールとの間に草が介在する事でボールにスピンがかからずドライバーのようにボールが飛んで行ってしまう現象です!
ショートアイアンなどで起こりやすいのでその場合番手を下げてフライヤーを計算して思い切りボールをヒットする!
ちなみにあまりにも沈み過ぎているボールはフライヤーはしません!

2、ボールの沈みぐらいからクラブ選択

ラフに入った場合まずボールがラフに沈んだ状態を確認し、距離におおじてクラブ選択をします

強烈に沈んでいる場合、ロフトのあるウェッジやショートアイアン

やや沈んでいて距離を稼がなければならない場合、ユーティリティー

ややボールが見える場合、ミドルアイアンやフェアウェイウッド

と状況を見てクラブ選択をすること!

ラフでのスイングの場合、打ちこむというより芝ごと一気に切り取るイメージで振り切ってください!インパクトで緩んでしまうと芝の抵抗がきついのでボールが出ません!

3、アプローチの場合のウェッジのクラブの入れ方

ラフがきつい状態でのアプローチの場合、サンドウェッジなどロフトのあるクラブを使い、イメージはバンカーショットのイメージでフェースを開いて芝ごとボールを運ぶイメージです。

ボールとフェースの間に芝が入るのでスピンは期待できません!ふわっと飛んでグリーンに乗ってからタラタラと転がるボールになります。

ですのでラフでボールが沈んでいる時にボールを右に置いてクラブを立たせる方がいますが、そうすると芝とリーディングエッジがつっかかりボールが上手く出ません!あまり右には置き過ぎない事を注意してください!

4、逆目、順目の見極め

ラフがどの方向に生えているかを見ましょう!
自分が打つ方向に向かって生えている場合は、比較的スイングしやすいでしょう!
しかし逆目の場合は、慎重にインパクトで緩まないようにしてヒットしないとラフに負けてボールが出ない事があるので注意してください!

ラフに入らないように安定したショットを心がけなければなりませんがそうはいってもラフに入ってしまうのが常です!

ラフの対処をしっかりして秋のゴルフでしっかりベストスコアを更新しましょう!

フォロースルーがかっこいい!
IMG_8378

初参加!!綺麗に手が返ってますね!!
IMG_8379

バンカーだって怖くない!!今回のウィナー!
IMG_8377

切り返しでシャフトがしなってます!!すげーーーーー!

IMG_8376

今年のベストスコア更新!!
IMG_8375

ゴルフ探究の旅は続く!!
IMG_8383

フィニッシュが少しずつ決まってきてます!ドローボールの練習をしましょう!
IMG_8384

若いもんには負けん!
IMG_8380

リズムはばっちし!ゴルフのプレースタイルが素晴らしい!
IMG_8381

ドライバーもアイアンも少しずつ安定してきました!
IMG_8382

あと2015年度HARADAGOLF月例会も残すところ2回です!
皆さん悔いが残らないようにエントリーしてください!!

10月6日(火)
オークウッドゴルフクラブ
9:30スタート

11月4日(水)
植苗カントリークラブ
9:28スタート
 


スポンサードリンク



TOPへ