コースマネジメント⑤ フェードで攻める

  • 2015年09月26日

今日はフェード系のボールでコースを攻めるレイアウトをご紹介!

見ての通り右にドッグレッグしており、右が浅くすっぽ抜けると即ОBの危険があるレイアウトでございます。

ここで私の持ち球のドロー系で攻める場合飛距離は出ますがその分リスクが大きくなってしまいます!

やはりドロー系は一度フェースを開かなければならないので、右へのすっぽ抜けが出てしまう可能性があるのです!

飛距離は少し落ちますが、ティーを低くしてフェースの開閉を抑えたフェードボールで攻める事でフェアウェイキープ率は格段に上がります!

今回はグリップを一番短く握り、ティーを低くしてやや低く飛び出し、ストレートからフェードに切れていくボールを打ちました!

アドレスはやや左サイドのバンカー側を狙い そしてティーはかなり低くセットします。
CIMG8359

インパクトでの起き上がりは右のミスへつながるので厳禁

ドライバーフェード2

身体の回転が止まると一番やってはいけない左へのミスになるのでしっかり振り切ります

ドライバーフェード


スポンサードリンク



TOPへ