ティーショット特集② セべズヒル 7H~12H

  • 2016年05月27日

セべズヒル10H フィニッシュ

昨日に引き続きティーショット特集

今日は、7番ホールから12番ホールまでです


スポンサードリンク




大体ラウンドの前半が終わり、この辺りが中だるみをする時間帯!

特に流れを悪くするきっかけはティーショットでは林に入ったり、OBになったりすることでゲームプランが突然変更しなければならなくなることで起こります

そしてもう一つがグリーン周りでの3パットやショートゲームで起こります

ゲームプランが変更せざるを得なくなるとどうしても考えが分散し、ケアレスミスを起こしてしまいがち

やはりそれを防ぐ手立てとしては、一打に集中すること

その1打の積み重ねがスコアに結びつきます

◉ 7番ホール

430Y PAR4

使用クラブ ドライバー

セべズヒル7H

右ドックレックの打ち下ろしのミドルホールです

右サイドにバンカーやОBなどのハザードがあり、左サイドに危険回避をします
しかしあまり左に逃げるとセカンドショットが長くなり、ブラインドになりピンが見えない状態となりグリーンを狙いずらくなってしまいます

バンカーをかわし、やや左サイドのフェアウェイを目指します

結果は、左サイドというよりストレートフェードでバンカー方向へ
バンカーを越えてカート道近くのぎりぎりラフへ(ふぅ~(-_-;))

◉ 8番ホール

412Y PAR4

使用クラブ ドライバー

セべズヒル8H Bプラン

打ち上げのミドルホール
右側が傾斜になっているのでОBの危険回避は右サイド
右にふかしても傾斜にぶつかって戻ってくることもあるからです

フェアウェイ右サイドから軽いドローをイメージ

結果は、イメージ通りのドローボールでフェアウェイキープ

◉ 9番ホール

554Y PAR5

使用クラブ ドライバー

セべズヒル9H
右にドックレッグしていく打ち上げのロングホール

ティーショットでは、目の前にあるバンカーを越えてフェアウェイを狙います

イメージではドローで距離を稼ぐためバンカーの左端を狙いストレートからドローで狙います

結果は、ストレートフェードでバンカーを越えてフェアウェイキープ

少し上からクラブが入り、ドローというよりフェードが出てしまいました
意図的なフェードではなくフェードになってしまった結果

◉ 10番ホール 420Y PAR4

使用クラブ ドライバー

セべズヒルゴルフクラブ10Hセべズヒル10H フィニッシュ

打ち下ろしのミドルホール

ボールの落ち際左サイドにバンカーがあるのでそれを避けるため右サイドからドロー系で攻めます

上手くヒットすればバンカーを越えていき、バンカーを越えれば傾斜が下っているのでそれに当たりかなりの飛距離を稼げると計算して、かなり振り切りました!

結果は、フックがかかりしすぎキャリーが少しでなくなり、バンカーに入ってしまいました!

◉ 11番ホール 548Y PAR5

使用クラブ ドライバー

セべズヒル11H

右ドックレッグのホール
右サイドにバンカーがあり、しかもОBが右側に迫っています

左サイド狙いで軽いフェードで攻めました

結果は、フェードが決まりフェアウェイキープ

◉ 12番ホール 401Y PAR4

使用クラブ ドライバー

セべズヒル12H

レギュラーのティーグラウンドから回ると左ドックレックのイメージで右からドローで攻めますがチャンピオンティーから回るとほとんどストレートなホール

ここは左側が傾斜になっているのでもし左に引っかかっても傾斜にぶつかって落ちてくれるという安心感があるので左のミスを怖がらずドロー系で思い切り振りぬきます

結果は、ドローでフェアウェイ左サイド!

だいたい1番から6番の序盤、そして7番から12番の中盤が終わると、自分の目標スコアがなんとなく算出できてきます

油断が生まれるのも最後の6ホール!

次回は最終6ホールです!


スポンサードリンク



TOPへ