昨日はワークアウト!(ゴルフのキングオブトレーニング ベントオーバーロー) トレーニングとスイングを関連づける(前傾をキープ)

  • 2016年11月12日

 

 

 

昨日はワークアウトの日です!

いつものルーティーンワークで、朝はレッスンの仕事

午後からワークアウト

 

夜はまたレッスンの仕事という流れ!


スポンサードリンク





そんな中、トレーニングのお話です

 

私は、8年くらいトレーニングを続けておりますが、今ではパーソナルトレーニングという言葉が当たり前になりつつあります!

 

私が始めたころは、あまりこの手のトレーニングをしている方はプロフェッショナルなスポーツ選手かかなり本格的なセミプロ的なアマチュアスポーツ選手に限られていたと思われます

 

 

しかし今ではスポーツ選手は、ほぼ全員 そして一般の方々もこのパーソナルトレーニングが主流となっております!

 

ではトレーニングをすることでスポーツ選手は、どうなれば良いのでしょうか!

 

かっこいい体になり、モテモテになればOK!

 

なんてことではないのです!

 

それは!

 

 

結果です!

 

野球のピッチャーだと130キロしか投げられなかったのが、150キロになった!とか陸上競技でいえば記録が伸びた!とかです!

 

とにかく結果を出すためにトレーニングをする!

 

私がやっているワークアウトは、そう位置づけをしております!

 

となるとゴルフでは何が!結果として結びつくのでしょうか!

 

そんな関連動画を作ってみました!

 

トレーニングはベントオーバーロー!

ゴルフのキングオブトレーニングです!

 

ゴルフの基本というべき前傾姿勢をキープした状態での背中を使った引き上げ運動!

 

前傾角度はイメージでは、胴体が地面と平行!くらいに体を倒す!

 

背中を丸くさせないお尻をプリッと上に突き上げる!

この姿勢を保持して引き上げることのできる重さを探します!

 

前傾角度をしっかりして

img_2813

反動をつけずに引き上げ、ゆ~~っくり引き下ろす

img_2812

このとき自分が持てる以上の重さのものを使って姿勢保持をしないで反動をつけてしまっては意味がありません!

早く引き上げ、ゆっくり引き下ろす!

その間前傾角度は、同じ位置!

このトレーニングをするだけで前傾角度をキープする筋肉をパワーアップすることができます!

やっていくうちに、

 

反動をつけてやっても前傾の角度をキープするトレーニングにはなりません!

 

まずは軽い重さのものから試してみるとよいでしょう!

 

このトレーニングでの結果

 

● つま先下がりから飛距離が落ちない

 

● フェアウェイバンカーから飛距離が落ちない

 

● ショートアイアンのライン出しのハーフショットで飛距離が落ちない

テークバックからトップにかけてクラブを振り上げるときの前傾の保持は必須!

%e5%89%8d%e5%82%be%e8%a7%92%e5%ba%a6%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88

ダウンスイングでインサイドからクラブを入れる際に前傾角度が起き上がると、ダフリ、チーピンなど色々なミスが出てしまう!

%e5%89%8d%e5%82%be%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%e6%96%b0

フォローまで前傾をキープできるとボールを上から圧すことができるのでコンパクトなスイングでも飛距離が出る!

%e5%89%8d%e5%82%be%e8%a7%92%e5%ba%a6%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%ef%bc%93

 

前傾角度のキープ 軸の上下の動きが抑制されボールを強くひっぱたくことができるのでミート率が上がります!

 

 

トレーニングをすることで、自分のやりたい動きを身につける!

 

 

アイアンをうまくなりたい方は、このベントオーバーローをお試しください(^.^)

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク