ウェイトシフトは左→右→左→右の順番 ⓵

  • 2016年11月25日


北海道のゴルフシーズンもある程度ひと段落!
といってもまだまだゴルフをしている方は、たくさんいらっしゃいますが!


スポンサードリンク





シーズンオフという事もあり、スイングをもう一度見直すいい時期でもあります

色々と新発見があると良いと思い、今回はウェイトシフトについてお話していきます

よくこうゆう質問があります

体重を乗せて打つ!

右に乗った全体重を左に乗せてボールを飛ばす!

このように体重を乗せてボールを打つにはどうしたらよいでしょうか?

要はウェイトシフトについてです!

体重移動は、体を回転させてボールを打つためにはとても重要!

しかし右から左という一方通行の体重移動だけでは少し不十分!

ウェイトシフトの体重移動は、大きく分けて3局面で説明してみましょう


 

1、テークバック

左→右

左体重から
img_3039

右体重へ
img_3040
左体重から
img_3034

右体重へ
img_3035

テークバックはクラブを置いておいて左から右へ体重移動することから始める

腕には力を入れずクラブをアドレスの位置に置いておいて体だけを小さく体重移動


 

2、トップからダウン

右→左
右体重から
img_3040

左体重へ
img_3041
体重から
img_3035

左体重へ
img_3036

ここが切り返しといわれる局面

クラブをトップの位置に置いておいて、右に移った体重を左に移す

ここがよく言われる右に乗せた全体重を左に移してボールを飛ばすという感覚的ポジションとなります


 

3、ダウンからインパクト

左→右
左体重から
img_3041

右足体重でインパクト
img_3042
左体重から
img_3036

右体重でインパクト
img_3037

左に移った全体重をインパクトで揺り戻していくことで腕が鋭く振りぬかれます!


 

あくまで腕はこの体重移動で振るのではなく振られる!

 

体重を乗せて打つ!

これに一工夫して乗せた体重を逆流させる!

逆噴射したエネルギーで飛ばす

この左から右への体重の逆流がとても重要となります

腕の振りと体重移動が相反する方向に動くことで鋭く腕が振られる感覚は、スケーティングなどで練習すると良いでしょう!

次回は縦方向の体重移動(床反力)のお話です


スポンサードリンク



TOPへ